逆効果!炭水化物抜きダイエットこそ「太りやすい」食事だと判明

by 福田理香 |

美容, ,

あなたは結果が出ない炭水化物抜きダイエットを、まだ続けていませんか?

実は、炭水化物を食べない食事をしていると、結果的におかずから脂質をとり過ぎてしまい、生活習慣病や肥満の原因になる可能性があります。ダイエットのためにと炭水化物を抜いていても、実は太りやすい食事をとっていたのでは台無しです。

「バランスよく食べよう」とよく言われますが、バランスのよいカロリー摂取の仕方とはいったいどのようなものでしょうか?

そこで、今回は管理栄養士・柴田真希さんの著書『キレイに痩せたきゃ炭水化物を食べなさい』から“炭水化物や脂質の理想的なカロリーバランス”をご紹介します。

 

■戦後まもない日本人よりエネルギー摂取が減っている

突然ですが、問題です。戦後まもない1946年と比べて、1日に摂取しているエネルギー量は“増えた”か“減った”か、どちらだと思いますか?

現在はメタボ検診が実施されるほど、生活習慣病の予防が注目されています。肥満の原因はエネルギーのとり過ぎだから、“増えた”と思う人が圧倒的に多いと思います。

しかし、厚生労働省の国民健康・栄養調査によると、1946年のエネルギー摂取量は1,903kcal、2008年は1,867kcalと減っているのです。では、なぜ肥満をはじめ、生活習慣病が増えているのでしょうか。

 

■現代人はカロリーの中でも、脂質をとり過ぎ

その原因はカロリーの中身にあると言われています。食事の中の脂肪エネルギー比率の目標量は、20~25%です(30~69歳)。

しかし実際は、男性で41%、女性は50%以上の人が、脂質を25%以上とっています。ダイエットを気にしている女性が多いのに、意外ですよね。たしかに、スイーツは言わずもがなですし、パンもごはんに比べれば脂質が多い。お茶に比べたらカフェラテだって脂肪分たっぷり。現代の食事は戦後まもない1946年よりも、脂質が多い食事になりがちなのです。

 

■炭水化物60%以上が理想的なカロリーバランス

上記のことから、メタボや肥満対策には、カロリーの値だけでなくそのバランスが大切であるということが分かると思います。理想的なカロリーのバランスとは、年齢や疾病、アスリートなどの特別な職業などでも多少異なりますが、だいたいたんぱく質が15%、脂質が25%以下、炭水化物が60%以上とされています。

 

いかがでしたか? 「私は炭水化物は食べないの!」という女性もよくいらっしゃいますが、おかずから脂質やたんぱく質のとり過ぎになっていないでしょうか。

炭水化物抜きダイエットを行っていたけど、うまくいかない……という方は、雑穀を混ぜたごはんを食べつつ、おかずを減らしてみるようにしましょう。やはり「バランスよく!」が大切ですよね。

 

【関連記事】

※ その習慣は危ない!? あなたが摂食障害になる可能性

※ 海外では保険適用も!? 意外と知らない「ファスティング」の効果

ホットこそ曲者?意外と知らない「スタバ」高カロリーランキング

あなたは大丈夫?理由のない体重減は深刻な糖尿病のサインかも

※ 意外!「寝かしつけ」をせずにリア充ママになれちゃう方法

 

【参考】

柴田真希(2012)『キレイに痩せたきゃ炭水化物を食べなさい』(インプレスコミュニケーションズ)