磨きのプロが伝授!失敗しない歯磨き粉と歯ブラシの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

歯ブラシと歯磨き粉は、各社からいろいろな製品が売り出されています。薬局に行けば選びきれないくらい商品が並んでいるので、困ってしまう人もいるかもしれません。

歯を磨いているのに虫歯になってしまったり、歯周病になってしまったり、あるいはその両方を一緒に患ってしまう人は、もしかすると歯ブラシや歯磨き粉の選び方に問題があるのかもしれません。

そこで今回は、富山県小矢部市でクリニックを経営している歯周病専門医・渡辺智良先生の協力のもと、歯ブラシと歯磨き粉の失敗しない選び方を考えたいと思います。

 

■正しい歯ブラシと歯磨き粉とは?

以前、『WooRis』の過去記事「それじゃ歯垢は取れない?歯科医が語る“バイオフィルム”の実態」でもお伝えしましたが、渡辺先生によると、正しい歯ブラシと歯磨き粉は、以下のような条件を備えている必要があるそうです。

・歯ブラシ・・・フラット(平ら)な毛先、硬さは普通

・歯磨き粉・・・無水ケイ酸A(研磨剤)とフッ素の含まれたペーストタイプ

歯磨き粉のフッ素に関しては諸説あるようですが、詳しく補足したいと思います。

 

■歯ブラシは毛先が寝てはダメ

虫歯や歯周病の主な引き金はプラーク(歯垢)です。歯垢とは単なる食べかすではありません。虫歯菌や歯周病菌など膨大な数の細菌が詰まった粘着性の塊です。

歯垢の表面にはフィルムがあり、その内部に細菌が生息しています。細菌を殺すためには、最初にフィルムを破らなければいけません。フィルムを壊すためには、大前提として歯に対し歯ブラシを直角に当て、繰り返しこする必要が出てきます。

しかし、毛先が細過ぎたり柔らか過ぎたりすると、ブラシの先端が寝てしまいます。歯と歯の間を磨く目的で、毛先が山のようにカットされている歯ブラシも同じです。毛先が寝てしまうので上手に力が伝わらず、フィルムを破壊できません。

毛先の断面がフラットであると、毛先が寝にくく力が直角に歯に伝わるので、歯垢の除去には最適です。ただ、歯茎を傷付けてしまう恐れがあるので、硬さは普通を選択してください。

 

■歯磨き粉の使用は不可欠

単に歯ブラシで正しくこすれば歯垢のバリアは破壊できるのかといえば、違います。ペースト状の歯磨き粉の使用が不可欠です。

ペースト状の歯磨き粉には、無水ケイ酸Aなどの研磨材が入っています。その研磨剤を歯ブラシに乗せ、1カ所につき往復10回ほどこすらないと、歯垢は完全に破壊できません。

最近ではジェルタイプの歯磨き粉や、うがいをするだけのケア商品も出ていますが、研磨剤が入っていないのでフィルムを破壊できません。歯垢を取り除くという目的では、効果を期待できないのです。

 

■歯磨き粉はフッ素入りを選ぶ

また、歯磨き粉に入っているフッ素は、虫歯予防に重要な役割を果たします。歯の表面を覆うカルシウムを中心としたミネラル成分が再び取り込まれるプロセスを再石灰化といいます。その再石灰化にフッ素イオンが役立つのです。

フッ素入りの歯磨き粉をどのくらい使えばいいのかなど、細かい部分に関してはいろいろな要素が絡み合ってくるので一概にはいえませんが、いずれにせよフッ素は虫歯予防に大きな効果を発揮してくれると考えられているそうです。

歯垢のフィルムを破壊し、フッ素で虫歯予防をする、この2つが歯磨き粉選びの条件だと心得てください。

 

最後に補足ですが、歯間ブラシの使用も不可欠です。歯と歯のすき間で暗躍する歯垢の細菌を殺すために、歯磨き粉が口に残った状態で歯間ブラシを使いましょう。きれいな歯になるためには絶対の習慣です。明日からではなく、今日からぜひ実践してください。

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

※ あ~女子力落ちた…「お風呂時間に済ませる」忙しい女性の時短美容って?

 

【関連記事】

歯科医が伝授!虫歯知らずの人が切らさない「100均グッズ」とは

患者数が毎日130万人超!放置厳禁な「虫歯」の正しい対処法

放置しちゃダメ!歯茎からの出血は歯がなくなるSOSサイン

年齢のせいではなかった!口臭を発生させる原因は…

 

【取材協力】

※ 渡辺智良・・・歯科医。歯学博士。日本歯周病学会歯周病専門医、日本補綴歯科学会専門医。現在は富山県小矢部市にある渡辺歯科医院で一般歯科、歯周病専門治療、インプラント、予防歯科、小児歯科、義歯(入れ歯)を担当。

 

【画像】

Kicki