流産のリスク増大!妊婦が「生チーズ」に注意すべき理由

by 坂本正敬 |

子育て, , ,

妊娠中の方は、生活の中でいろいろな注意をしていると思います。食事に関しても同じで、口に入れる食べ物には最大限の注意を払っているはずです。

しかし、母体と胎児にリスクがありながら、気づかずに平気で食べてしまっている食品もあるかもしれません。例えばカマンベールやモッツァレラなどのナチュラルチーズです。

「チーズって駄目なの?」と不安になった方は、食生活を見直してみる必要があるかもしれません。意外に見落とされがちな、妊婦にリスクのある食べ物に注意してみてください。

 

■ナチュラルチーズを食べるの、ちょっと待った!

“リステリア菌”という言葉を聞いたことがありますか? リステリア菌とは食中毒菌のひとつで、感染すると胎盤を通じて胎児に菌が感染し、最悪の場合は流産や死産の原因になるといわれています。

リステリア菌は身近な食品が感染源となります。ナチュラルチーズ(非加熱のチーズ)や生ハム、スモークサーモン、肉や魚のパテなど、加熱しないで口に入れる食品は注意が特に必要です。

実際に、ナチュラルチーズが原因によるリステリア感染症の集団発生事例が、日本でも過去に起こっています。

妊婦は一般の成人と比較して、リステリア菌の感染感度が高くなるとわかっています。家族や友人と皆で食べた生チーズで、妊婦の自分だけが食中毒になってしまうというケースも十分に考えられます。

 

■妊婦は加熱処理をした食品を中心に食べる

リステリア菌は冷蔵庫の中でも増殖します。塩に対しても強く、殺菌のためには加熱処理をするしかありません。妊娠中はナチュラルチーズなど非加熱で食べる食品を避け、可能な限り加熱処理した食べ物を選びましょう。

冷蔵庫の清掃、包丁・まな板の熱湯消毒も、妊娠中には普段以上に心掛ける必要があります。ナチュラルチーズなど非加熱の食品に気をつけても、普段の食事でリステリア菌に感染してしまったら悔やみきれません。

生肉や肉汁などが冷蔵庫の中でほかの食品に触れないように注意し、肉類は長期保存せず加熱して早めに消費してください。

 

好きなものを食べたい気持ちもわかりますが、「あのときやめておけば……」と後悔してからでは遅いですよね。妊娠中は特に感染しやすい時期なのだと肝に銘じて、食生活を見直してみてください。

 

【関連記事】

意識が高い人こそ注意!「野菜の食べすぎ」が身体に及ぼす害4つ

全てが安全じゃない?「アロマ」を正しく使って楽しいお産を

便秘が不妊の原因に!? 妊活女子に話題の「腸もみ」の嬉しい効果

プレママ必見!安産へと導く「ラズベリーリーフ」のすごい効能

私はもらえない?妊娠・出産時の失業保険でよくある勘違い3つ

 

【参考】

これからママになるあなたへ – 厚生労働省