知らないとシミシワ汚肌まっしぐら!「肌老化」の原因となる5個のリスク 

by 惠野梨咲 |

美容, , ,

「いつまでも綺麗でいたい!」そんな想いは万人の女性の願いでしょう。でも、あらがえないのが時間と共に訪れる“老化”ですよね。

その中でも特に気になるのが、目に見える“肌老化”。シミ・シワ・たるみ……恐ろしい言葉の羅列ですね……。「指をくわえて、老いていくのを待っているなんてまっぴらごめんだ!」と日々アンチエイジングに励んでいる方もいらっしゃると思いますが、そのケア、本当に正しいのでしょうか?  

実は肌の老化にも様々な原因があるのです。そして、あなたの肌を老化させている原因が何かわかれば、その対策もたてやすくなります。

そこで今回は、肌老化の元凶とされている“4大原因”と、さらに今注目されているもう一つの“新しい原因”についてご紹介します!

 

■1:空気による“肌の酸化”

常に空気に触れている私たちの肌。屋外の金属が錆びてくるのと同じ様に、私たちの肌細胞も空気によってダメージを受けています。これが“酸化”による肌の老化です。

肌が酸化することで細胞にダメージが与えられ、肌に弾力をもたらすコラーゲン成分等が硬くなることで、皮膚の弾力が失われハリがなくなっていくのです。

 

■2:紫外線による“光老化”

日々紫外線を浴びている私たち。なんとたった数分間、日光を浴びても、そこに含まれる紫外線によって肌は大きなダメージを受けます。

強い光が長時間当たることで、シミ・シワができ、乾燥しハリがなくなって、皮膚が垂れる原因にもなります。実は肌へのダメージが一番大きい原因がコレだったりします。

 

■3:身体機能の低下による“皮膚の乾燥”

「いきなり乾燥肌になった!」なんて声もよく聞きますが、実際の所、通常は20歳以降から、ホルモンの減少と共に角質の潤いを保つ天然の保湿成分も減っていくため、皮膚の間に隙間ができやすくなり、水分の蒸発が起き小じわが増えていくのです。

アンチエイジング用の化粧品の多くは、自分から出なくなった潤いを補うため、肌に入りやすく、保湿成分が濃密になっていくという仕組みがあったりします。

 

■4:コラーゲン減少による“皮膚の菲薄化”

年齢の経過とともに肌の細胞は疲労し、弾力の元になっているコラーゲンなどが減っていきます。すると、皮膚が薄くなってしまい、ダメージを受けやすくなってしまうのです。これを“肌の菲薄化(ひはくか)”といいます。

ですから同じ生活をしていても、若い頃はぷりぷりのコラーゲン肌が守ってくれたダメージも、薄くなったカサカサ肌には痛恨の一撃となってしまうのです。

 

■5:食習慣がもたらす“細胞の糖化”

今までは肌の老化に大きな影響を及ぼすのは外的要因とされてきましたが、実は内部的にも老化を進める原因があるのです! 濃い味付けや甘い物が簡単に手に入る現代だから起る注目の原因が、この“糖化”です。

この“糖化”は、とりすぎた糖質が体内の脂質と結合して、痩せにくくなるだけでなく、肌にも悪影響を及ぼすという現象です。悪いタンパク質(脂肪+糖)が増えることでターンオーバーが遅くなるために、キメが粗くなり、シワ、くすみの増加にもつながります。

また、すべての体の皮膚に関することなので、頭皮などにも多大な影響を及ぼす可能性があるのです。もちろん病気にもつながりやすいといったら、これば非常に恐ろしい……。外的要因ばかりでなく、生活習慣の見直しも必要なんですね。

 

以上、あなたの肌を老化させている4+1の原因についてご紹介しましたが、いかがでしたか? あなたの状態に当てはまるものはあったでしょうか? 

肌老化の正しい原因を知り、対策を身につけて、肌を若々しく保っていきましょう! 

 

【関連記事】

あなたの肌ケア間違ってない?保湿状態がわかるセルフチェック5項目

知らなきゃ損!アンチエイジングに必須の万能オイルはコレ

実はストローもNG!? お肌をどんどん老化させる意外な習慣7個

「肌のため」が裏目に!肌を老化させる悪習慣2つ

老けて見られる恐ろしい「顔面のたるみ」を解消する身近な食べ物