イラチさんは注目!お腹の中の「バクテリア」が精神不安定の原因かも

by 相馬佳 |

健康・病気, , ,

「いつもなんだか落ち着かない」「気分の浮き沈みが激しい」と感じているけど、理由が分からなくて悩んでいる方、もしかしたら”お腹の中の環境”が問題なのかもしれません!

アメリカの雑誌『Reader’s digest』ウェブ版の記事によると、「落ち着きがない」「イライラする」という精神の不安定さは、お腹に存在する良性バクテリアの有無や数に起因している可能性があるというのです。そこで今回は、お腹の中のバクテリアが精神に与える影響について、ご紹介します。最近イライラが収まらないという方は必見ですよ!

 

良性バクテリアの投与で行動が落ち着いたマウスも

カナダで行われた、マウスを利用した実験によると、良性の腸内バクテリアの数をコントロールできる抗生物質をマウスに与えたところ、与えられた物質の種類によって、マウスが急にソワソワし始めたり、逆に落ち着いたりといった変化がみられたそうです。

そして、抗生物質の投与によって落ち着いたマウスの腸内バクテリアを、ソワソワしていたマウスに移植したところ、行動が落ち着いたという結果も!

 

ヨーグルトがストレス対策に!?

毎日口にする食べ物が、私たちの心や体の健康に影響を与えることはご存じの方も多いはず。

アメリカで行われた、女性を対象とした調査によると、腸内の健康に関係する“プロバイオティックス”を豊富に含むヨーグルトを定期的に食べた人は、中でもとくに腸内バクテリアを健康に保つ可能性が高いことが判明したというのです。

そして、恐怖感やストレスに対する実験では、プロバイオティックスを含むヨーグルトを食べた被験者のほうが、より落ち着いた反応を見せた、という結果も出ています。

 

精神疾患の薬の代用に期待

腸の良性バクテリアの存在が、ADHD(注意欠如・多動性障害)や、OCD(強迫性障害)など、精神疾患にも効果があるかもしれないと、現在研究が進められているそうです。

一説によると、これら良性の腸内バクテリアは、セロトニンやドーパミンなど、脳の機能を高める物質の分泌を助ける機能もあると考えられています。

今後の研究結果によっては、薬に頼らず、自然な形で精神疾患の症状を軽減できる方法にも期待が高まりそうですね。

 

以上、良性バクテリアが精神に与える影響についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

「気分の浮き沈みが激しくて」とお悩みの方は、まず普段の食生活に、プロバイオティックスを含むヨーグルトを食べてみることなどから始めてみてはいかがでしょうか。腸内のバクテリアを健康な状態に保てば、精神が安定し、毎日をハッピーな気分で過ごすことも決して夢ではなさそうですね!

 

【関連記事】

※ ストレスで気が狂いそうなときに!イライラ解消に良い食べ物8つ

※ ストレス解消のつもりが逆効果!イライラを招く危険な食べ物3つ

※ つら~い夏の便秘には「エリンギスープ」が特効薬であると判明!

※ 驚愕…日本人はアメリカ人よりも●●の摂取量が多いと判明

※ 疲れを癒す「あの食べ物」が身体を老けさせることが判明

 

【参考】

How Bacteria Talk to Your Brain – Reader’s digest