食べ過ぎ注意!宴会時太りやすい危険な食べ方4つ

by エンズルード ミホコ |

生活, , ,

週末は飲み会続き、居酒屋へ行った後に、締めにラーメンを食べようなんてことやっていませんか?年末のクリスマスにおせち料理……と、ご馳走を食べる機会が多いこの季節、冬太り対策は欠かせません。「寒いから運動はちょっと」なんて思っていたら、ブクブクと体は脂肪を溜め込んでいってしまいます。

3kgも太った!なんて新年早々後悔しないためにも、注意しておきたい”居酒屋でやりがちな太りやすい食べ方”をまとめてみましたので、ぜひ注意してみてくださいね。

 

■1:「お腹がすいた〜!」と唐揚げなどの揚げ物を真っ先に頼んでいる

高カロリーで高脂肪の唐揚げを真っ先に食べていると、お腹が空いているあまり食べ過ぎてしまいかねません。しかも、消化に時間がかかってしまうため、お腹に脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。

まずは、ビタミン、ミネラル、酵素が豊富で消化の早い、生野菜サラダを食べて空腹感を満たすのがおすすめです。

 

■2:おつまみにフライドポテトは外せない!

みんなで食べやすく、お酒のおつまみになるからと、フライドポテトが外せない方! 植物油を使い高温で揚げたポテトは、アクリルアミドを含み、時間とともに酸化が進み体に負担をかけてしまいます。

出来れば、おつまみには、茹でた枝豆、豆腐などの植物性タンパク質を注文するのがおすすめです。

 

■3:エビマヨ、あんかけなどこってりメニューをつい頼んでしまう。

油で揚げた上に、高カロリーなソースがかかっているものは、あっと言う間にカロリーオーバーするだけでなく、味漬けが濃いため、飲み過ぎ、食べ過ぎを招く元になります。

動物性タンパク質を食べるなら、焼き魚、卵焼きなどヘルシーなものを頼んでカロリーを抑えるのがおすすめです。

 

■4:締めのラーメンは外せない!

「ラーメンは別腹!」と、さんざん食べて飲んだ後にラーメンを食べたくなる方、夜中に高塩分、高脂肪、高カロリーのラーメンを食べていては、胃は消化不良を起こし、悲鳴をあげてしまいます。

できれば、炭水化物は食事の途中に、焼きそばやチャーハンなどを注文する様にし、締めに汁気が欲しくなった時は、わかめスープやお味噌汁を飲むようにするのがおすすめです。

 

いかがでしたでしょうか? 居酒屋で食事をする際、一気に頼んで目辺り次第につまみ続けていては食べ過ぎ、消化不良を起こし、体が疲れてしまう事間違いなしです。消化の早い生野菜を最初に食べ、その次に炭水化物、動物性タンパク質という順番で食べることを心がければ、胃の中で消化がスムーズに行き、消化不良を防ぐことが出来ます。あまり神経質になりすぎる必要もないと思いますが、年末、体重計を見て後悔する前に、ぜひ参考にしてくださいね!

 

【あわせてよみたい記事】

あなたも言ってる?上司をイラッとさせるフレーズ2つ

思わずやってる…子どもをダメにする親の習慣8つ【後編】

「不倫のお値段」は4,493万円!? 意外な実態が明らかに

知らないと赤っ恥!意外にも間違っている言葉遣い2つ