ストレス解消のつもりが逆効果!イライラを招く危険な食べ物3つ

by エンズルード ミホコ |

生活,

あの仕事もまだやり終えていない! あれも年内にやらなきゃ!と何かと慌ただしく過ごすこの時期、予定がある日に限って、さらに上司から仕事を言い渡され残業! イライラが溜まってしょうがない! そんな方必読です。

このイライラのサインが出ている時、私たちの体はストレスを感じ、脳から出る神経伝達物質のバランスが崩れ、普段ならうまく行くこともうまく行かなかったり、集中力がなくなっている状態です。そればかりか、イライラが慢性化してしまうと、精神的にも、肉体的にも悪影響を及ぼしてしまうので、このイライラは一刻も早く解消したいもの。

ですが、イライラ解消のつもりで手に取った食べものが、さらにイライラ度を上げてしまっているかもしれません。『Living Green Magazine』の「Eat to Relax: Foods that Lower Stress Levels」の記事を参考に、イライラ解消のつもりが、逆にイライラを招いてしまう危険な食べ物をご紹介します。

 

1:コーヒーなどカフェインを含む飲み物は筋肉に負担

イライラが溜まり、消化器系に影響が出て、お腹を下したり、便秘、お腹の張りなどを感じることはないでしょうか? イライラが溜まっているな〜と感じる時に、ついつい手が伸びてしまうのが、カフェイン入りの飲みもの。

「過剰摂取で死亡例も!カフェインの危険な取り方4つ」でもご紹介しましたが、カフェインは、多量に飲用すると、筋肉に負荷をもたらし、不整脈や心臓発作、動悸などを引き起こし、死に至るケースもあるため、飲む量は1日2〜3杯までに抑えるか、なるだけハーブティーなど気分を抑えてくれる飲み物がおすすめです。

 

■2:ポテトチップスなどのスナック菓子は、さらにイライラを招く

ポテトチップスなどの炭水化物や、甘い加工食品などには、悪玉菌を増やすと言われるトランス脂肪酸が多く含まれ、これらはさらにイライラを招いてしまうため、これらの食べものを避けるか、トランス脂肪酸フリーのものを選ぶようにしましょう。

 

■3:インスタントラーメンは免疫力を落とす

インスタントラーメンにも保存性を高めるために、多くのショートニングとしてトランス脂肪酸や添加物が加えられています。よって、悪玉菌を増やし、免疫力が落ち、さらにイライラを招く原因となってしまいます。コンビニへ行ったらインスタントラーメンよりも、生麺(蕎麦など)を選ぶのがおすすめ。

 

いかがでしたでしょうか? どれも手元にあるとついつい手がのびてしまうもの。なるべくこれらの食品は手元に置かないようにしましょう。次の記事では、イライラ解消につながる食べ物をご紹介します。

 

【知っておきたい食べ物シリーズ】

過剰摂取で死亡例も!カフェインの危険な取り方4つ

包丁で剥いたらもったいない「お鍋」にあう野菜4つ

和食なのに激太り!危険な食べ合わせ【1/3】

 

 

【参考】

※ Eat to Relax: Foods That Lower Stress Levels – LIVING GREEN Magazine