これでは逆効果!子供が親の言うことを聞かなくなるNG叱り方4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

人を叱るのってすごくエネルギーのいることですよね。特に、叱る相手が大人とは目線や感覚が全く異なる子どもであればなおさらです。

でも、我が子が危険なことをしたり、ルールを破ったり、あるいは人を傷つける行為に及んだりする場合には、親としては毅然とした態度で叱らなければなりません。あなたは子どもをきちんと叱ることができていますか?

“叱る”といっても、ただ感情的に声を荒げるだけでは、しつけの効果が薄いばかりか、いたずらに子どもの心を傷つけるだけ。「どうしてウチの子は、私の言うことを全く聞いてくれないんだろう……」とお悩みのお母さんは、もしかすると叱り方に問題があるのかもしれません。

そこで当記事では、幼児教育の『エンピツらんど』創業者・立石美津子さんの著書『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』から、NGな叱り方4パターンを紹介していきたいと思います。

 

■1:真剣に叱っていない

子どもに対して始終ガミガミ言っているのに、子どもの言動や態度がちっとも改善されないなんてことはありませんか? それは子どもにあなたの“真剣さ”が伝わっていないから。真剣に叱らないと、子どもは次第に「また言ってら」と、あなたの小言を右から左に受け流すようになります。

「私はいつでも真剣に叱っている!」という反論があるかもしれません。でも、ただ“怒鳴る”だけでは真剣だとはいえないのです。たとえば、キッチンで皿洗いをしながら、「こら! またそんなに散らかして」なんて一喝するのは、単に怒りの感情をぶつけているだけにすぎません。

本当に叱りたいのであれば、次のような方法で徹底的にやりましょう。

<叱るときには場所を変え、正座させましょう。それだけで、子どもは何を言われるのかわかります。そして淡々と言います。言葉によりしつけをするのではなく、空気、顔つき、声のトーン、瞳の中の炎、これらすべてを使って計画的に演じ子ども自身に気付かせて叱ります。>

いつも金切り声をあげるだけのワンパターンでは能がありません。普段は優しくニコニコと接し、ここぞというときには、きちんと子どもと向き合い、ただならぬ空気を感じさせるというメリハリが大事です。

 

■2:「さっきは言いすぎた」と前言撤回する

厳しく叱ったことが心に響くと、子どもは目に涙を浮かべたり、緊張で全身をこわばらせたりします。こうした子どもの変化を見て、「お母さん言いすぎたわ、ごめんね」と態度を軟化させる人がいますが、これはよくありません。

というのも、こうした前言撤回をすると、子どもは「だったら何でそんなに怒ったんだ」と理不尽な思いをするだけだからです。せっかくあなたの思いが子に届きかけたのに、それが台無しになるばかりか、親に対する不信感さえ生じます。

<子どもが青ざめたり、緊張したら「私の注意が心に届いたな、計画成功」と喜びましょう。そして、淡々と低い声でゆっくりと「いいわね、もう2度と同じことをすんじゃないよ」と言いましょう。>

叱るときは叱る。態度を一貫させましょう。下手に子どもに気に入られようとして途中から融和的な態度をとるのはNGです。

 

■3:脅迫形で叱る

子どもが言うことを聞かないのに腹を据えかねて、つい次のような脅迫形で子どもを叱りつけていませんか?

<「いつまでもゲームしているんだったら、今日は夕飯抜きよ!」

「そんなにママを困らせるんだったら、よそのおうちの子になる?」>

しかし、こうした脅迫形は、百害あって一利なしです。子どもははじめのうちこそ、渋々言うことを聞くでしょうが、そのうち、言いつけを守らなくても脅迫内容が実行に移されないことを学習します。

そうなると、子どもに脅迫作戦は効かなくなりますし、「どうせ口先だけ」と親を舐めることにもつながりかねません。

 

■4:叱るだけで褒めない

先日のニュースで、人は何かを学ぶとき、褒められるほうが上達が早いことが、科学的にも証明されて話題を呼びました。しつけのために叱る場合も、ただ怒ってばかりだと、しつけの効果が表れにくいでしょう。

たとえば、子どもが部屋を散らかすのを何とかしたい場合、散らかしたときに叱るだけでは、いつまでも片付けの習慣は身に付きません。

子どもは、叱られて「しまった!」と思ったら、きちんと改善しようとします。ところが、せっかく頑張ったのに、親が知らんぷりをしているとがっかりして、また元の黙阿弥になってしまうのです。

ですから、叱ったあとに、子どもの態度・言動に少しでも良い変化が見られたら、できるようになったことを褒めてください。“叱る”と“褒める”は必ずセットにしましょう。

 

以上、親が子どもにやってはいけないNGな叱り方4パターンをお届けしましたがいかたでしたか? 子どものしつけにお悩みのかたは、ぜひこれらのパターンを避けて、子どもにきちんとあなたのメッセージを伝えてくださいね!

 

【関連記事】

※ わが子が将来ダメ人間に?絶対やってはいけない「親の過保護」4つ

※ 【注目記事TOP5】「子育て」1位は、性に目覚めた中学生の息子へのNGフレーズ

 一発で関係悪化する「子どもの心に全く響かない」NGな叱り方4つ

※ わが子をダメ人間にしてしまう、安易な「買い与え」が招く悪影響

「しつけ」の有無で将来年収86万円もの差が?経済学からみる子供の教育法

 

【参考】

「褒めれば上達」科学が証明=教育、リハビリに応用も-生理研 – 時事ドットコム

立石美津子(2012)『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』(中経出版)