再就職を考えているママさん必見の「仕事に繋がる」3つのスキルとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

「子育てがひと段落したし、いよいよ本格的に働きたい。けど、仕事から離れて何年も経っているから、再就職できるか不安」という悩みから、資格取得やスキルアップを考えている方もいらっしゃるでしょう。しかし、やみくもにやってもお金と時間、労力がかかるばかりで、望みの場所に再就職できるとは限りません。

そこで今回は、行政書士、社会保険労務士など30を超える資格を持ち、資格コンサルタントとしても活動している山下清徳さんに、 “時間とお金と労力”を無駄に使わずに再就職に直結する資格を取得するポイントについてうかがってきました。再就職を考えているママさんは必見です!

 

■1:PCスキル

「事務職の場合、採用にあたっては、ワード、エクセル、パワーポイントなどを使えるのが前提でしょうね。それが使えなかったら、まず採用されないと思ってもらっていいかと思います」

Officeソフトでは、エクセルとパワーポイントが実務で使えるレベルのスキルは持っていた方がいいといわれています。派遣会社の登録や入社前のスキルチェックでも、PCスキルはみられるところが多いでしょう。スキルがあればあるほど、いい条件の会社に再就職できる可能性があります。

もし、再就職にあたって何かスキルを身につけようと思ったら、まずは“最低限のPCスキル”を身につけるようにしましょう。なお、ひとり親家庭の方は市区町村が無料で講習会をやっていることもあるので、それらの利用を検討してみてもよいでしょう。

 

■2:簿記

「どういったところに就職したいかにもよりますが、事務で働きたいという希望がある方なら、簿記の資格はおすすめです。中小企業であれば、経営者はちょっとした事務や経理などをやってもらいたいと思っています。簿記2級が望ましいですが、3級でも持っていれば違いますね」

子どもの手が離れ、家の近くの会社で事務員として働けたらいいなと思っている方もいらっしゃるかと思います。その場合は、“簿記”を勉強されるといいでしょう。

簿記の知識は、身につけておいてソンはない知識です。もし、ご自身が“在宅ワーカー”として個人事業主になるとしても、確定申告の際に簿記の知識は役に立ちますよ。

 

■3:介護関係

「一番就職に有利なのは、介護分野でしょう。資格を取得したら、すぐに再就職できるのではないでしょうか。資格を持って、その仕事につけば、やりがいを持ってできるのではないかと思います」

介護分野の就職は、国が全面的にバックアップしているので、国の制度である“求職者支援制度”が利用できれば、無料の職業訓練を受けることができます。ただ、“求職者支援制度”は一定の要件のもと利用可能なので、すべての方が利用できるわけではありません。

しかし、もし介護分野での就職を検討していたら、ハローワークに行って相談すると、職業訓練の情報などを教えてくれます。

 

以上、再就職を考えているママさんが、時間とお金と労力を無駄にせずに取り組める資格取得・スキルアップのコツについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

まずはご自身が再就職するにあたって、どのような仕事をしたいか自己分析することが大切でしょう。それにあたり、どのような資格取得・スキルアップが必要かを調べてみてくださいね。

時間とお金と労力を無駄にせず、資格取得・スキルアップして、ご自身の望みと条件が一致した場所に再就職ができるといいですね!

 

【関連記事】

※ 間違えると印象最悪!仕事で相手に「よくない話」を伝えるときのコツ

※ 仕事も結婚も!「選択を後悔しない」ためのシンプルな心構えとは

知らなきゃ不採用!? 求人欄に隠された「応募資格」を読み取るコツ

これを真似れば賢い子に!? 東大生が育った家庭の秘密4つ

東大生が伝授!暗記が苦手でも簡単に覚えられる記憶術3つ

 

【参考】

求職者支援制度のご案内 – 厚生労働省

 

【取材協力】

※ 山下清徳・・・山下行政・労務コンサルティング代表。早稲田大学法学部卒業。大手生命保険会社退職後、さいたま市大宮区に開業。特定社会保険労務士、行政書士、第1級ファイナンシャル・プランニング技能士など複数の資格を保持し、豊富な社会経験をもとに労働問題の対応のほか、相続手続き、遺言書作成、離婚・調停相談サポートなどを行っている。