残業女子はデブ化する!? 知っておきたい「太らない夜食の食べ方」

by 秦野理恵 |

生活, , ,

夜9時以降の食事はNG! 美容を意識している方なら絶対守りたいルールですよね。

でも、仕事をしていると、良くないとわかっていても、遅くに食事をせざるを得ないこともあります。そんな仕事が忙しいあなた、気をつけて下さい! 

ダイエットサプリメントなどの販売を行うグラフィコが、20〜30代の女性300人に行った「“残業時間”と“体重の変化”に関する調査」によると、残業時間が多いほど、体重も増える傾向にあったそうです。

そこで今回は、その調査結果や、局アナ時代にかなり不規則な生活を送りつつ、体重が増加しないように気を付けていた著者の経験をもとに、“太らない夜食の食べ方”をお伝えします。

 

残業が増えると体重も増える傾向に

同調査では、計300人の女性を、1ヶ月の平均残業時間が30時間〜40時間未満の“プチ残業女子”と、40時間〜50時間未満の“残業女子”、および50時間以上の“超残業女子”に分けて、調査を実施しました。

まず、1年前と比べて「残業時間が増えた」という女性に関しては、約50%の女性が1年前から体重が増えたとのことです(減少した人は18%)。また、1年前と比べて「残業時間に変化がなかった」人については、体重が増えた人は約38%、減った人は20%でした。

そして、残業女子全体の平均でみてみると、“プチ残業女子”が1.15キロ増加と、最も増加体重が多くなっていました。

この結果をまとめると、残業が増えた女性の半数以上が「体重が増加した」と答え、残業時間に変化がない女性と比べると、13.6%も多い結果となったのです。原因は、食事の時間やお酒など様々なのですが、やはり、“時間と食べ方”が重要になってきているようです。

では続けて、“残業しても太りにくい”夜食の食べ方をお伝えしましょう。

 

太りにくい夜食の食べ方

シンプルですが、夕方6~7時位に、おやつを食べることです。「そんなこと?」と思うかもしれませんが、もっと早い時間におやつを食べている方が多いのではないでしょうか。それだと、夕飯の頃には既に空腹。これでは、単なる間食です。仕事で夜遅くなる人にとっては、無駄にカロリーを摂取しただけになってしまいます。

そもそも、昼食から8時間以上も、時間があくことに無理があるのです。おやつを夕飯前に食べることで、精神的にも胃袋的にも、とりあえず落ちつきます。どんなに忙しくても、5分くらいの時間をもうけ、軽く食べることはできますよね。

おやつには、炭水化物や糖質系、例えば、おにぎりや果物などのカロリーのもとになるものを食べましょう。これで、血糖値が安定するので、しばらくはもちます。

そして、夜食には、タンパク質や野菜を食べるようにしましょう。おやつを夕食前に食べておけば、夜遅くなっても、ある程度の満足感が得られているので、食べ過ぎずに済みます。

 

以上、残業女子は覚えておきたい“太らない夜食の食べ方”をお伝えしましたが、いかがでしたか?

仕事が忙しいと、食事が不規則になるのは避けられないことですが、食べ方や時間は工夫できますよね。仕事が忙しい皆さん、ぜひ今回の記事を参考に、お仕事しなが体型もしっかりキープしていきましょう!

 

【関連記事】

食欲を抑える香りはコレ!忙しい人にオススメな「アロマ活用ダイエット」

ダイエット効果だけじゃない!「ヘルシーな食生活」がもたらす4つの恩恵

口臭を防ぐ秘訣はコレ!口内環境を改善する「舌のエクササイズ」

利用しないと損!恋に節約にダイエットに効く「レンタサイクル」のススメ

ダイエット中はとくにご注意!食欲が止まらなくなる「恐怖の食べ物」6つ

 

【姉妹サイト】

※ これで体のメリハリ維持!働く女性のための「体重増加を防ぐ」8つの習慣

※ 世界一カッコ悪い!? 日本人女性の「姿勢の悪さ」を簡単に直す方法

 

【参考】

“残業時間”と“体重の変化”に関する調査 – グラフィコ