暑さでイラっとしたらコレ!夏に食べたい「ストレス解消食材」6つ

by 相馬佳 |

生活, , ,

夏ももうすぐそこまで来ていますね! でも、楽しいはずの夏ですが、ムシムシと湿度が高いし、暑さも気になって、「かえってストレスがたまる~!」と頭をかきむしりたくなる人も大勢いることでしょう。

そんなときに“ストレス解消”と言いつつ、お砂糖たっぷりのドーナツやアルコールに手を出しては、かえって逆効果! ストレスがたまったときこそ、栄養たっぷりの食事を摂り、エネルギーをきちんと蓄えて明日に備えたいものです。

そこで今回は、アメリカの料理専門ケーブルTV局『Food Network』のウェブサイト記事を参考に、“ストレス解消に役立つ食材”6つをご紹介しましょう。夏のレシピに積極的に取り入れてみてくださいね!

 

■1:アボカド

サラダやメキシコ料理の“ワカモーレ”として、アメリカや中南米ではレシピに欠かせない食材のアボカド。カリウムやビタミン、良性脂肪が豊富で、明日の活力になってくれます。

アボカドを薄く切ってワサビ醤油で食べてもとても美味しいですよ!

 

■2:お茶

ストレスでざわついた心と体を休めてくれるのが、温かいお茶。静かな場所に座って、ゆっくりと飲むひとときを堪能したいものです。

栄養分に関わらず、自分の好きな香りと味のブレンドを楽しみましょう。

 

■3:魚

サケやイワシ、マグロなど、“オメガ3脂肪酸”を豊富に含む魚は、脳内のアドレナリン分泌を調整し、心を落ち着かせてくれるそうです。

忙しすぎてソワソワしたり、集中力がなくなったと感じたりしたらランチやディナーに取り入れたいですね。

 

■4:にんじん

ストレスがたまると、食べ物で癒されたくなるのは人間の心理。でもそこでジャンクフードを食べるなんてもってのほかです。

そんなときのために、会社の冷蔵庫などに、ベビーキャロットやセロリなど栄養が高くカロリーは少ない、手軽に食べられる野菜スティックを用意しておきましょう。カリっとした食感もストレス解消になりますよ。

 

■5:牛乳

ストレスがたまると、筋肉が硬直して緊張が高まりがち。そんなときは、ビタミンBやD、タンパク質、カルシウムが豊富な牛乳を飲むとよいそうです。

就寝前に飲むと睡眠促進の効果があるそうなので、翌日の疲れもすっきりしそうですね!

 

■6:ダークチョコレート

『WooRis』の過去記事「ダイエット中も食べてよし!”ダークチョコレート”がもたらす意外な効果7つ」でも、ダークチョコレートの利点をご紹介しました。なんと、ダークチョコレートを食べると、ストレスホルモン“コルチゾール”の数値が下がるという研究結果が出ているそうです。

集中力もアップにもつながるので、仕事中のおやつはこれに決まり!

 

以上、ストレス解消に役立つ食材6つをご紹介しましたが、いかがでしたか? 暑い夏は、無理すると体力を奪われてしまいがちです。水分や栄養のあるものをたくさん摂り、十分休息して、せっかくの夏休み前に体を壊さないように注意してくださいね。

 

【関連記事】

※ ウナギ高騰の今こそ!夏バテを防ぐ「新たなスタミナ源」にはコレ

※ これで不機嫌な1日を回避!「朝からハッピー気分になる」6つの秘訣

※ ストレス解消のつもりが逆効果!イライラを招く危険な食べ物3つ

※ やる気不足に!食べて「ココロの元気を取り戻せる」食品の選び方

 

【参考】

Top 10 Foods for Stress Relief – Food Network