鏡を見てギョッ!? 「オス化女子」にヒゲが生える原因はコレかも

by 望月理恵子 |

美容, , ,

男性のヒゲって、がらりとその人の印象を変えますよね。ヒゲがあると男性らしさが強調され、なんだか頼りがいがあるなんて感じる方もいるのではないでしょうか? 確かに男性ホルモンにはヒゲや毛を濃くするという働きがあるので、男らしく見えるのも納得です。

しかし、最近は男性だけでなく、女性にもヒゲが生えている人が増加しているというのです。そこで今回は、美容カウンセラーである筆者が、女性にヒゲが生えてしまう原因と疑わしい病気、そして対処法をご紹介します。

 

■女子でもヒゲが生える原因

口まわりに産毛ではなく、少し濃い毛が生えてきた、なんて経験はありませんか? 男性だけではなく女性にもヒゲが生えてしまう原因、それはストレスが大きく関わっていると言われています。

ストレスにより身体のホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンが優位になることもあります。そうすると徐々に身体が男性に近づこうと働き、女性でもヒゲが生えてしまうということが起きるのです。

 

■オス化女子、ヒゲジョなんて言葉も……

この現象は、女性の社会進出も影響しています。バリバリ働いているキャリアウーマンや、育児などに追われている20〜30代の女性に、ヒゲが生える現象が多くみられているようです。

近年は、男性のような荒い言葉遣いや行動を指して“オス化女子”という言葉もつくられていますが、“オス化”は行動に留まりません。容姿の“オス化”も問題になっています。肌のキメが荒くなったり、声が低くなったり、見た目が男性っぽくなってしまい、さらには、鼻の下や口もと、アゴの産毛が濃くなっている“ヒゲジョ”も増えているのです。

 

■その濃く太いヒゲはもしかしたら病気かもしれない

女性にヒゲが生えてしまうこの現象、剃ればいいという問題だけではありません。もしかしたらそれは病気の兆候かもしれません。疑わしい病気は“多毛症”。それを知らせるための身体からのSOSサインかもしれないのです。

多毛症とは、男性ホルモンが過剰に分泌され、産毛のような軟毛が硬くなってしまい、目立たない部分の毛であっても毛深くなってしまう状態のこと。色々な原因が関わっていますが、ストレスをためない生活を送ることも対処の1つです。どうしても気になる場合は医療機関で相談して下さいね。

 

■ヒゲジョを脱出するためには

病気でないならば、ヒゲジョにならないようヒゲ対策をしていきましょう。ストレスをためないことはもちろん、カミソリや電気シェーバーでセルフケアするのもいいですね。ただ、ここで大切なのが乳液やクリームを使用すること。

カミソリやシェーバーを直接肌にあてると刺激が強く、表皮のバリア機能まで傷が付き、肌荒れの原因になることがありますので、肌を保護しながらケアすると安心ですね。処理後の保湿ケアも忘れずに。

そして、女性ホルモンに似た働きをすると言われている“大豆イソフラボン”が多く含まれている、大豆や豆腐、納豆などの摂取もおすすめです。

 

以上、女性にヒゲが生えてしまう原因と疑わしい病気と対処法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

“ヒゲジョ”になってしまうと、男性っぽく見える以外に、顔がくすんで見えやすくなり、美容面でも好ましくありません。顔を見て話していると、意外と注目されてしまう鼻の下や口もと、アゴのケアを行って、素肌美人を目指していきましょう。

 

【関連記事】

※ 知ってた?加齢とともに減少する「ミトコンドリア」を増やすダイエット法

※ えーっそうなの!? 意外と知られてない「男性ウケがとっても悪い髪形」5つ

※ 女性の大敵!知っておきたい「夏の冷え性」カラダの部位別対策5つ

※ 意外と見られてる!「見た目年齢が現れやすい」背中の上手な鍛え方

※ 便秘を悪化させるかも…食物繊維には種類があるって知ってた?