むくみ解消の救世主!話題の成分「カリウム」をたっぷり含む食品4つ

by MOE |

美容, , ,

頑固な“むくみ”は女性の敵。鏡にうつった自分の顔をみてショックをうけることもあるのではないでしょうか?

むくみに良いと聞くと、色々な種類のお茶や食品を食べ、できるだけむくみを緩和するように努力しますよね。しかし、何を試しても効果がないという方は、もしかしたら間違った対策をしているのかもしれません。

むくみの原因は沢山ありますが、基本的にどのむくみのタイプにも解消効果のあるのが“カリウム”という成分です。今回は、アメリカの健康サイト『Women’s Heath』の情報を参考に、カリウムが多く含まれる食品を4つご紹介します。

 

■むくみの救世主“カリウム”とは?

むくみの原因は多くありますが、なかでも体液のpHバランスの崩れが深く関係しているといいます。pHバランスとは、体内の塩分(ナトリウム)と、その反対の働きをするカリウムとのバランスのこと。このpHバランスが崩れると、むくみはもちろん、疲労や頭痛の原因にもなります。

塩分をたくさん摂るとむくむというのは、皆さんご存じだと思いますが、その塩分のむくみから救ってくれるのがカリウムです。しかし、このカリウムは、かなり摂取が難しいのです。塩分と違って、カリウムが豊富な食べ物の数は限られていることも1つの原因です。

 

カリウムが一番多く含まれているのは、バナナではない?

一般的にカリウムが多く含まれているのはバナナだと言われています。そのため、バナナはむくみに良いとされ、朝食で食べたり、スムージーに入れたりと、健康に気を使う人々の中で愛されています。

しかし、実は、バナナのカリウム量は中くらいの大きさのバナナで、422mg。これよりも多くカリウムを含む食品もあるのです。では、バナナよりカリウムが大量に含まれている食品はどんなものがあるのでしょうか? 以下にご紹介します。

 

■バナナよりもカリウムを含む食品4つ

(1)さつまいも

さつまいもは、中くらいのサイズのものでも542mgのカリウムが含まれています。

 

(2)アボカド

アボカドはむくみによいフルーツとして有名ですが、そのカリウム量は、アボカド半分で487mgも含まれています。

 

(3)ヨーグルト

227gのプレーンヨーグルトの中には、579mgのカリウムが含まれています。

 

(4)ほうれん草

ほうれん草といえば、鉄分ですが、実はカリウムも豊富だったのです。1カップにおよそ839mgのカリウムが含まれています。

 

以上、むくみを解消する“カリウム”が多く含まれている食品を4つご紹介しましたが、いかがでしたか? むくみや疲労を感じたら、カリウムを意識して、ご紹介した食材を積極的に食事に取り入れてみて下さいね。

 

【関連記事】

※ 起きたら顔パンパン!朝の「むくみ太り」をもたらす夜のNG行為4つ

※ つい無意識で…エステティシャンが指南!嫌~な「むくみ足」をつくるNG習慣5つ

※ むくみと便秘の解消に!「もやしっ子」なんて言わせないもやしの栄養と選び方

※ 老化が止まらない…積極的に食べたい老化を抑える「ビタミンエース」食品とは

 コレ分かりやすい!わたしが飲むべきがスグ分かる「第3のミルク」3種の効能まとめ

 

【参考】

5 Foods with More Potassium Than a Banana – Women’s Heath