節約にも時短にもなる!今すぐできる「お手軽食費節約法」3つ

by 宮野茉莉子 |

お金, , ,

7〜8月は、増税後初の夏休み。遊びたいけど増税の影響も大きく、「節約のために旅行やレジャーを諦めよう」なんて考えていませんか?

たしかにレジャーでは一度に大金を使いますから、旅行を諦めるのは一見節約なように思えます。とはいえ楽しみが減れば、ストレス発散のショッピング、無意味なランチや飲み会など、日々の財布の紐が緩むもの。たとえば1ヶ月5,000円増えると、1年間で6万円の出費になります。

実は旅行などの夢を諦めるより、日々の節約の方が、増税対策には効果的。今回はファイナンシャルプランナー(FP)である筆者が、日々実践したい、食費の節約法をご紹介します。

 

■1:メニューのうち1品を簡単にして時短&節約

毎日3品凝って作っていた料理のうち1品を、“1食材を茹でるだけ、切るだけ、和えるだけ、焼くだけ、漬けるだけ”など簡単なメニューに変更してみましょう。

たとえば焼きナス、ほうれん草のおひたし、インゲンのごまあえ、もやしのナムルなど。品数は減らないものの、時短になりますし、節約にも効果大。特に夏はキュウリやトマトなど、簡単な調理で十分おいしい食材が多いのでオススメです。

 

■2:最低2日分アレンジできる料理を作る

ポトフや肉じゃがをカレーにしたり、ナムルをビビンバにしたり、卯の花をコロッケにしたり。1日目以降もアレンジで使える料理を1品作っておくと、時短も節約も叶えられます。

 

■3:月の初めにネットで食品を購入する

毎日忙しいと、安さを追求するのは難しいですよね。「野菜が安いのはA店、日用品が安いのはB店」と分かっていても、結局忙しくて「高いけど近所のスーパーで食品も日用品も全部買う」なんてことになっていませんか?

実は、お米・缶詰・粉もの・お菓子・飲料水なら、ネットでまとめて買った方が安いことも多いのです。月の初めに、毎月使う分だけ予めネットで購入しておくのもオススメ。そうすれば日々の買い物の荷物を減らせますし、節約にもなります。

 

ネットの活用と食費の節約は、今の時代切り離せません。ネットスーパーのイベントに目を向けることも、節約のためには大切です。

たとえば『SEIYUドットコム』では、「1周年夏祭りスペシャル」を開催中。縁日の屋台をイメージしたコーナーを設置し、夏ならではの商品の販売や、クーポンがもらえるゲームを実施中です。

その中でも注目すべきは「しゃてきイベント」。『SEIYUドットコム』で使えるクーポンが当たるイベントで、1等賞は“10分間お買いものカゴつめ込みほうだい権”! 30,000商品の中から、10分間好きなだけ商品をかごにポチポチ放り込めるので、いつも使っているアイテムをまとめ買いできるのはもちろん、普段は手が出ないアイテムを購入してもよいかも。

 

以上、毎日の暮らしで実践したい食費の節約法についてご紹介しましたが、いかがでしたか。日々の節約も積み重ねることで、増税後も旅行やレジャーを今まで通り楽しめます。楽しみながら、ラクしながらの節約を、心がけてみましょう。

 

【参考】

しゃてきイベント – SEIYUドットコム 1周年 夏祭り