突然の歯の痛み!そんな時「痛みを和らげる」まさかの食品があった

by 並木まき |

健康・病気, , ,

ズキーン! ズキズキ……! 突然やってくる歯痛、アナタはどうやって対処していますか? もし、前触れもなくやってきた歯痛が、夜間の歯科診療のない深夜だったら……考えただけでゾッとしますよね。そんなときのために、突然の歯痛への対処法については頭にいれておきたいものです。

薬を飲んでも治まらない、何をしても痛くて眠れない……なんて事態に遭遇したときに、身近な食べ物によって痛みを緩和させる方法があるのをご存じでしょうか?

今回は英語圏のサイト『Top 10 Home Remedies』の記事を参考に、「歯が痛い!」となったときに、身近な食べ物を活用して痛みを和らげる方法を5つご紹介していきます。

 

■1:ペッパーソルト

歯が欠けていたり、穴があいてしまって痛みを伴うときには、コショウと塩を混ぜて数滴の水を加えてペースト状にします。

出来上がったペーストを直接歯に塗ることで、痛みを緩和することができるそうです。

 

■2:ニンニク

細かく砕いたニンニク(ガーリックパウダーでもOK)を塩と混ぜ、ペースト状にしたものを歯に塗ります。

ニンニクには抗生物質のような働きや、薬に含まれるような効果が期待できるとのことです。

 

■3:タマネギ

「痛っ!」と感じた初期の痛み軽減には、タマネギが効果的とのこと。

これはタマネギにある消毒作用と抗菌作用を利用するもので、感染源となる細菌を殺す作用を期待して痛みを和らげるとされています。

方法はカンタン。生のタマネギを数分間噛み続けるか、痛む歯や歯茎に生のタマネギをあててみてください。

 

■4:温めた塩水

グラス1杯の水に、スプーン半分ほどの塩をいれて混ぜます。これで徹底的に口をゆすいでください。

塩水は細菌を減らす効果が期待できるほか、神経の腫れをおさめる働きも期待できるそうです。

 

■5:ほうれん草の葉っぱ

ほうれん草の葉っぱを痛みのある歯で噛むことで、痛みを緩和する効果が期待できるそうです。

歯が痛むとき、冷蔵庫の中を見渡してほうれん草が見つかったら、迷わず噛んでみてください!

 

以上、今回は、歯が突然痛くなったときに、身近な食べ物を活用して痛みを和らげる方法を5つご紹介しましたが、いかがでしたか? この他に、氷を利用して神経や歯茎を冷やして麻痺させる方法も、痛みの軽減に役立ちます。

歯が痛むと眠れないし何もできないし、本当につらいですよね。本当は歯に痛みが出た場合は歯科医院に行くことが1番なのですが、もし痛みが出てきたのが夜中だったり、すぐに病院に行けない状況だった場合には、今回ご紹介した方法をぜひ試してみてください。

 

【関連記事】

※ もう歯磨き粉はいらない!? あの「白い粉」が虫歯ケアに効果的と判明

※ マシュマロが良い!? 喉の痛みを和らげる8個の簡単テク

※ ストレスや疲労も関係!歯茎のキリキリ痛みの予防法

※ なんとかしたい!つら~い四十肩の痛みに効くツボ4つ

※ 腰を揉んでも意味ない!「腰痛の時ほぐすべき」なのはこの3カ所

 

【姉妹サイト】

※ 職場の「ながら食べ」に注意!食べ続けると肌の老化を早める食品7つ

※ 「職場でイヤなこと」があったときに気分をアゲてくれる方法6つ

 

【参考】

Home Remedies for Toothache – Top 10 Home Remedies