あなたが「オバサンになっても」後悔しないためにすぐやるべき5つのこと

by 並木まき |

生活, , ,

年齢を重ねるごとに1年が過ぎるのが早く感じる……なんてことをよく耳にしますが、皆さんは今の自分の生き方に後悔はありませんか? 「あの時、ああしていれば」「もっと●●すればよかった」と後悔する人生は、つまらない上に、心の健康上も良いことではありません。

たとえ若い頃にやり残したことがあったとしても、それを今この瞬間から始めることができたなら、この先の人生がもっと楽しいものになるはずです。

そこで今回の記事では、自分の人生をもっと充実させるためにやっておいたほうがいいことを、『gooランキング』の「10年前の自分に言いたいことランキング」を参考に、見ていきましょう。

 

■1:将来に向けた貯金

将来設計を見据えた貯金はできていますか? 例え毎月数万円だとしても、それをきちんと積み重ねていくことで、10年後にはそれがまとまったお金になっているのが、貯金です。

なかなかお金が貯まらない……という人は、『Wooris』の過去記事「見直さなきゃもったいない!“浪費癖が直る”シンプルな習慣6つ」でご紹介したような節約習慣を身につけるようにしてみてください。

 

■2:定期的に運動する習慣づくり

定期的な運動習慣はありますか? ジムに通うだけなく、毎朝のウォーキングやジョギングなどのお金のかからない方法による運動習慣をつくることもできます。

運動は、身体の健康だけでなく心の健康にも直結するものです。心や身体を健康に保つことが病気の予防に繋がるのはいうまでもありません。

あまり動いていないという人は、将来の自分のためになにかしらの運動習慣をとりいれるようにしておきましょう。

 

■3:思いっきり遊ぶ

「今、できることを、今、楽しむ」ことができていますか? お金がないから、時間がないから、と楽しいことを後回しにしすぎていると、気がついたときには後悔することになるかもしれません。

育児や仕事に忙しい年代だからこそ、リフレッシュも大切です。

 

■4:エイジングケアを意識したスキンケア

真っ黒に日焼けしたまま、お肌を放置したりしていませんか? お風呂から出た後に、ちゃんと年齢に応じたスキンケアができていますか?

お肌の印象は“老け顔”とも直結します。今はよくても、気がついたらお肌が老化していた……という残念なことにならないよう、年齢に応じたエイジングケアを取り入れたスキンケアを実践してください。

 

■5:親孝行

なんとなく照れくさいから、忙しくて時間がないから、と親孝行を後回しにはしていませんか? 親がいつまでも元気でいてくれるのが理想ですが、現実はそんなに甘くありません。

親が元気なうちに一緒に出掛けたり、旅行に行ったり、今できる親孝行を最大限にしておきましょう。

 

以上、自分の人生で後悔しないために、今スグしておいたほうがいいことを5つご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

「あの時、●●していればよかった」という後悔はなるべくしたくないですし、誰しもが“今”を充実させながら、長い人生を歩んでいきたいですよね。

今回ご紹介したようなことで、「あ。そういえば……」と思い当たる点があった方は、ぜひこれからの人生の更なる充実のために、新しい習慣を取り入れてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 実は老け顔の原因になる「あの部分」のエイジングケア方法3つ

※ 寝不足が原因で「老け顔」に!? 知っておきたい快眠のコツとは

※ 美容師が伝授!「老け顔化」を防ぐヘアスタイリングのコツ3つ

※ スキンケアしても無駄になる!? 「老け顔」をもたらす要注意な食品8種

 

【姉妹サイト】

※ 本当にしたいこと忘れてない?「人生で大切なこと」を見つける2つの問い

※ 「職場でイヤなこと」があったときに気分をアゲてくれる方法6つ

 

【参考】

10年前の自分に言いたいことランキング – gooランキング