お風呂に入るだけで美肌&デトックス!「エプソムソルト入浴」のスゴい効果

by 望月理恵子 |

美容, , ,

綺麗な肌を作るには、肌にあう化粧品を使ったり、質の良い睡眠をとったり、栄養バランスがとれた食事をしたりと、様々な方法がありますよね。そしてもちろん、お風呂も綺麗な肌を作るには大切な時間。バスタイムをおろそかにしてしまえば、美肌から遠のいてしまいます。

そこで今回は、美容カウンセラーである筆者が、海外セレブの間でも話題となっている“エプソムソルト”を使った入浴方法について、ご紹介します。

 

■美肌を遠ざけるNGな入浴法とは!?

美肌を作るためには、お風呂に入る回数や温度が大切です。人によってはお風呂に1日2〜3回入るという人もいますが、温かいお風呂に何回も入ると、皮膚の潤いを保つ皮脂がお湯によって流されてしまいます。回数が少なくても、湯温が熱いとやはり必要な皮脂が取れてしまいます。

肌が弱い人はとくに、お風呂は1日1回程度、ぬるめのお風呂がおすすめです。もし汗をかいて気持ち悪い場合は、汗拭きシートやぬるめのシャワーでさっぱりするといいですね。

 

セレブにも人気の“海のミネラル”!

では、1回のお風呂をより美肌に効果的にするにはどうすればいいのでしょうか? そこで登場するのが、今話題のエプソムソルトです。ソルトといってもナトリウムではなく、硫酸マグネシウムという海のミネラル成分を使った入浴剤のことです。

これを湯船に溶かしその湯船に入ることで、美肌が作られるというのです。かのヴィクトリア・ベッカムも愛用しているなど、アメリカではセレブたちに人気なのだそうです。

 

■美肌のほかデトックス作用も

もともとエプソムソルトはイギリス発祥のもの。炎症を抑えたり、乾燥肌を改善したり、筋肉や神経の機能を整えたり、身体のたくさんの酵素の働きを調整するといったマグネシウムの働きを利用したものです。

その結果、身体の機能が活性化されて基礎代謝が上がり、ダイエットや体内の余分な水分や毒素を排出するデトックス作用が期待できるとされています。

もちろん代謝が上がり、十分な栄養素が肌に届くことで、肌のターンオーバーも活性化され美肌へと導いてくれるのです。

 

■効果的な入浴方法は?

美肌やデトックス以外にも、ストレスの軽減や筋肉痛の緩和の効果も期待できるというエプソムソルト入浴。具体的には、38~41度に設定したお湯に、200〜300グラムほどのエプソムソルトを入れて、20分程湯船に浸かります。

ここで気をつけたいのが、湯船から出たらシャワーで身体を洗い流すこと。いくら肌に良いといっても、入浴剤と同じようにずっと身体の表面にエプソムソルトがついていたら肌荒れの原因になるかもしれないので要注意です。

 

以上、エプソムソルトを使った入浴方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

アメリカではエプソムソルトは美容用として販売されていることが多いようですが、まだ日本では品薄。探すにはネットで検索するか、あるいは薬局で売っている“硫酸マグネシウム”でも代用は可能です。

効果抜群のエプソムソルト入浴で、夏の疲れを解消するのも良いですね。

 

【関連記事】

※ 素足にサンダルはNG!? 「冷房病」を回避して夏を快適に過ごすコツ

※ 女性に増加中!数値は正常なのに体調が優れない「隠れ貧血度」チェック

※ 長引く原因不明の発熱…それって「HIV感染」の初期症状かも?

※ とくに女性は警戒すべき!3つの「身近で怖い病気」と予防法まとめ

※ アソコを測るだけ!病気になる前にやるべき「メタボ」セルフチェック方法

 

【姉妹サイト】

※ 好きな男じゃなくてもOK!女性の7割は「壁ドン」待ちしているらしい

※ ほんの数分で効果大!会社の昼休みにできる「簡単ビューティーケア」4つ