さっそく今日から始めたい!「健康に長生きするための」超簡単な秘訣4つ

by 相馬佳 |

健康・病気, , ,

世界的にみて平均寿命が長い日本ですが、その反面、日夜働き続ける企業戦士たちが過度なストレスで若くして倒れたり、あるいは老齢を迎えられたとしても寝たきりや認知症になってしまったりと、“健康的なシニア時代”を送るには程遠い現状があるのは否めません。

健康や美を手に入れるためには、1日1日の積み重ねが大事です。そこで今回は、英語美容系サイト『you beauty』からの情報を参考に、若いうちから始めておけば30年後、40年後に差がつく“健康に長生きできる秘訣”をお伝えします。さっそく実践してみましょう!

 

■1:1日5分間走る

長寿のついての研究によると、“走る人”は、“走らない人”よりも約3年間寿命が長くなるそうです。しかし、走る距離自体はほとんど関係ないとか。

“走る人”は、生活習慣や食生活、体重管理などをしっかり行う場合が多いのも理由かもしれませんね。また、エクササイズをしているうちに自然と生活習慣も整ってくるものです。

朝起きたら、5分でいいので近所を走って1周することをまずは習慣にしてみましょう。

 

■2:コーヒーを飲む

「えっ、コーヒーって健康にいいの?」と驚くなかれ。

90万人以上を対象に行われた20の研究によると、コーヒーを1日3杯以上飲む人は、どんな病気においても、飲まない人より死亡率が低いという結果が出たそうです!

ただしこの恩恵を受けられるのは、基礎代謝率が高い人に限るとか。逆に代謝率が低い場合、コーヒーを飲むと頭痛がしたり、心拍が早くなったり、胃酸過多になったりする場合もありますので、飲みすぎは禁物です。

 

■3:ボランティアをする

研究によると、ボランティア活動をする人は、しない人よりも死亡率が20%低く、うつになる可能も低いとか。ボランティア活動をすることにより、人にかけた情けがそのまま自分に“長寿”や“精神的健康”として戻ってくるようです!

人のために何かをして笑顔を見る喜びは、何にも変えられないですね。できることからさっそく始めてみましょう。

 

■4:座らないで立つ

「忙しすぎてエクササイズするヒマなんてない!」と悩む方は、積極的に立ってみましょう。

研究によると、エクササイズをしていない場合、立っている時間が長い人のほうが、心臓病などの病気になる確率が低く長寿の確率が高いという結果が出たそうです。

電車で座りたくなっても、「長生きとエクササイズのため!」と言い聞かせてぐっとガマンし、立ちながらこっそりヒップアップ運動でもしてみましょう。

 

以上、簡単に実践できる長生きの秘訣をご紹介しましたが、いかがでしょうか? 他にも、自己管理をきちんとしたり、現実的に考えたりすることも、健康的な長寿の秘訣のようです。

健康や美を手に入れるためには、お金は必要ありません。普段の生活習慣や食生活などちょっとした改善を通して、将来的に老後を楽しく過ごせるような準備をしておきましょう!

 

【関連記事】

知らなきゃ損!93%が「便秘解消にいい」と実感したすっきりジュースが話題

オバ顔の原因はコレ!「9割の女性が悩む」肌トラブルを改善する驚異の成分

家族も見違える!? 無理せず「ほっそりママに変身する」魔法サプリが話題

厚塗りはかえって老け肌に…肌悩みには美肌をつくるシンプル美容が正解

その時間が無駄かも!?肌の悩みを簡単に解決する「究極の時短美容」とは

 

【姉妹サイト】

※ 続けたい人約9割!夏枯れに「ベジスムージー」の絶大な健康効果とは

※ 13kg増でも産後は美ボディ!蛯原英里の簡単すぎる妊娠太り対策

 

【参考】

7 Simple Ways to Extend Your Life – you beauty