絶対禁句!いくら腹が立っても「子どもには言っちゃダメな言葉」4つ

by 大宮 つる |

子育て, , ,

ちょっと叱ったら子どもが泣きわめき、ちっとも言うことを聞かない……。子どもに注意をしたら何かと口応えされ、口の達者さにこちらが参ってしまいそうになった……。

そんな時に思わず口走ってしまった言葉が、子どもの心を傷つけるだけでなく、自分に跳ね返ってきたり、子どもの才能をつぶしたりする言葉になってしまうことがあるとしたら、どうでしょう。

今回は、立教大学名誉教授の宇野義方先生監修の『使ってはいけない日本語』を参考に、いくら腹が立っても“子どもには絶対言ってはいけない言葉”をご紹介します。

 

■1:「一体、誰に似たの!?」

子どもが言うことを聞かない、駄々をこねるなど、ほとほと手を焼き頭に血が上った瞬間……「一体、誰に似たの!?」と口走ってしまった。ふと冷静になって考えてみましょう。

<結局、自分自身に向けられた言葉と気づくことになるだろう。>

と宇野先生。親から「一体、誰に似たの!?」と言われた子どもからしてみたら、「お母さん(お父さん)に似たのだけど……」となってしまいます。気をつけましょう。

 

■2:「生意気だ!」

子どもを怒ったら、ものすごく口が達者で言い返してくる……。その際に「口が達者なんだから!」や「生意気だ!」もNGです。

宇野先生によれば、「口が達者というのも、ひとつの才能。達者な口を利用して、ビジネスで好成績をおさめている人がいる」と述べています。子どものその才能を伸ばしてあげるくらいの心意気でいたいものです。

 

■3:「○○くん/ちゃんを見習ったら?」

「○○くん/ちゃんを見習ったら?」も、子どものプライドを傷つける言葉。また、兄弟姉妹間を比較するような言葉も気をつけましょう。

「○○くん/ちゃんを見習ったら?」という言葉は、

<自分の一切を否定されたような気持ちになり、たいていの人が発奮するどころか、落ち込んでしまうものだ。しかも、そんなことを言われるのは、何か失敗した時。ただでさえ落ち込んでいるのに、追い打ちをかけられることになる。>

子どもの頃に親に言われた言葉は、大きくなっても「親にああ言われた」と心に残るものです。自分も言われたらイヤですよね。子どもだからといって、言っていいわけありません。

 

■4:「なに、その顔は?」

怒ったら、子どもは不満気で納得のいかない様子。その時に、「なに、その顔は?」といった言葉もNGです。

<彼らは不満だから、不満な顔をしているだけで、むしろ「何が不満なんですか。言ってみなさい」と話すほうが、コミュニケーションは深まりやすい。>

怒られたことに対して、子どもが何に不満を感じているか、どう思っているかなどを聞いてあげるようにしましょう。そうすることで子どもの考えを理解することもできます。

 

以上、いくら腹が立っても“子どもには絶対言ってはいけない言葉”を4つご紹介しましたが、いかがでしたか?

今回ご紹介した4つの言葉、あなた自身も子どもの頃に言われてイヤな思いをした言葉だったりしませんか? 怒っていたとしても、イヤな思いをした言葉を決して子どもに言わないようにしましょう!

 

【関連記事】

※ 子どもの身長が低いとお悩みのママ必見!TVでも紹介された伸長サプリとは

※ オバ顔の原因はコレ!「9割の女性が悩む」肌トラブルを改善する驚異の成分とは

※ えっ…子どもだけじゃない!? 大人も気をつけたい「フードアレルギー」とは

※ 塗る日焼け止めしか知らないの?「飲む日焼け対策」が話題

※ スゴイ…お肌ぷるぷるを実感!? 「●●入り」のコラーゲンを簡単にとる秘訣

 

 

【参考】

※ 日本語倶楽部(著者)宇野義方(監修)(2002)『使ってはいけない日本語』(河出書房新社)