これを言ったらおしまいよ!気心知れた仲でも守るべき「ケンカの作法」4つ

by 並木まき |

人間関係, , ,

「どうしても許せない!」「今回ばかりは向こうから謝ってくるまで無視し続ける!」こんな心境になるような恋人や夫とのケンカ、誰でも1度は経験したことがあるのではないでしょうか。

でも、ちょっと待ってください! 怒りのあまりに意地を張りすぎたり、相手への譲歩の思いやりを忘れたりしてしまうと、ただのケンカだったはずが取り返しのつかない別れ話にまで発展してしまうかもしれません。

そこで今回は『マイナビニュース』のアンケート調査情報を参考に、どんなに腹を立てていてもコレだけは守りたい“ケンカのお作法”をご紹介していきます。

 

■1:他人と比較しない

ケンカの勢いでついつい「○○さんのところは旦那さんが△△してくれているのに!」などと他人と比較して文句を言ってはいませんか? 元カレなど過去の恋人を持ち出して比較するのも御法度です。

ケンカはあくまでも2人の間で起きていること。他人を持ち出して比較論にしてしまうと男性のプライドが傷ついたり、気持ちを離れさせてしまう要因になったりしてしまいます。怒りに任せて口走らないよう、気をつけておきましょう。

 

■2:ヒステリックにののしらない

女性は男性と比べてケンカのときに感情的になりやすいといわれていますが、頭では理解していても怒り心頭のときになかなか冷静になるのは難しいものですよね。

でも、そこはグッと堪えて男性の前で醜態をさらさないように意識しておきましょう。ケンカそのものよりも、ケンカ中の女性の態度を見て気持ちが冷めるという男性もいるので要注意です。

 

■3:人間性を否定しない

ケンカがヒートアップして、ついつい「あなたのそういう器のちっちゃいトコが許せないのよ!」や、「コレが理解できないなんて、やっぱりバカだったのね!」などと人間性を否定するような発言をしてしまうと、取り返しのつかないことになる危険性も。

ケンカの原因はなんなのか、ということにフォーカスして、相手の性格の欠点や人間性批判にならないように気をつけてくださいね。

 

■4:「もう、別れる!」は絶対に言わない

ケンカの最中に、「こんなに理解されないなんて、もう別れたい!」と感じたとしても、口に出すのは絶対に禁止です。女性にありがちですが、別れ話をチラつかせながら主張を通そうとしても逆効果になる危険があります。

たとえそのケンカが原因で価値観の違いが露呈され、本当に別れを意識し始めているとしてもケンカ別れは後味のいいものではありません。別れたい場合には、ケンカの最中ではなく後日、冷静に話すようにしましょう。

 

以上、単なるケンカを別れ話に発展させないために守るべき“ケンカのお作法”を4つご紹介しましたが、いかがでしたか?

「ケンカするほど仲がいい」という言葉もあるように、上手にケンカすれば2人の絆が深くなることもあります。ケンカの最中は感情がたかぶり、普段の自分を見失ってしまうという人もいらっしゃるかもしれませんが、ご紹介したような4つのポイントはしっかりと意識しておいてくださいね。

ケンカをしてぶつかり合うことで相手の価値観を共有できるメリットもあるので、どうせケンカをするなら上手にケンカをして恋人や夫との絆を深めていってくださいね!

 

【関連記事】

あの発酵食品に!? オバ顔改善に効果的な成分が入っていると判明

美肌もダイエットも叶う!食べてキレイになれる「薬膳」のパワーとは

お水の代わりに!美の特効薬「水素」を簡単に取り入れる方法

あなたも「奇跡の40代」に!? ダメージから肌を守る赤い成分がスゴイ

老け顔化回避のポイントはココ!「髪の若々しさ」を保つ方法

 

【姉妹サイト】

※ 絶対マネるべき!朝起きてすぐ●●するカップルは長続きすると判明

※ 仕事の合間に飲むコーヒーを「より健康につなげる」ための飲み方とは

 

【参考】

謝る男、許さない女。ケンカの仲直り男女の違い – マイナビニュース