「しつけ」のつもりが逆効果!? 親が子どもに絶対言ってはいけないセリフ3つ

by 吉田和充 |

子育て, , ,

子どものしつけ。親としては、“子どものため”とか“正しいしつけ”と思ってやっているでしょうが、意外なセリフが“良くないしつけ”になっていることもあるようです。

そこで今回は、アジア圏のパパとママのためのライフスタイルマガジン『the asian parent』の記事を参考に、“子どものしつけで言ってはいけないセリフ3つ”を紹介します。

 

■1:“勝手にしなさい”

子どももある程度大きくなると、言うことを聞かなくなり、だんだんと口答えするようになってきます。そして、子どもも必死に自分の言い分を主張してきます。

親としては、子どもと議論するのは、結構めんどくさいですよね。彼らの主張に付き合っていられない、なんてこともあります。

そんな時、“もういい、勝手にしなさい”なんて言っていませんか? これが、意外にも、良くない方法だというのです。

というのも、子どもはそう言われると“やっぱり自分の主張が正しいから、親が諦めたのだ”と思ってしまうのです!

あまりにも“勝手にしなさい”を多く言い過ぎると、ますます子どもは勘違いするとのこと。めんどくさいけれど、子どもが納得するまで話をしないとダメなようです。

 

■2:“これあげるから言うこと聞きなさい”

うるさい子どもに、つい“静かにしてたら飴あげるから”とか、“おやつ食べていいいからあっちで遊んでなさい”とか。多くの親が心当たりがあるセリフではないでしょうか。

でもこれでは、いつのまにかご褒美を当てにするようになり、“おやつくれるなら、静かにするから”なんてことを言い出しかねません。

良い行いをしたときには、褒めてあげてください。子どもにとって、親に褒められるのは何よりも嬉しいことなのです。

 

■3:“ママはいいの”

子どもに何か約束を守るように言った時に、はたして親はその約束を守っているでしょうか?

“服を脱ぎっぱなしにしない”とか、“食べながら歩かない”など、つい大人でもやってしまうことがあるのではないでしょうか?

それを指摘されて、つい“ママはいいから”、なんて言ってしまっていませんか? こういったことも、子どもに悪い影響を与えます。“約束は守らなくてもいい”とか、“親の言うことを守らなくても、たいしたことではない”などと思うようになってしまうのです。

子どもにルールを守るように言ったのなら、同じように親も守らなければなりません。

 

以上、“子どものしつけで言ってはいけないセリフ3つ”でしたが、いかがだったでしょうか。ついつい言ってしまっている、なんてこともありますよね。

しつけをしているつもりでも、逆効果になってしまっているかもしれません。これらのセリフだけは、グッと我慢。言わないようにしましょう。

 

【関連記事】

※ ママ必見!のびのびした子に育てるために「必要なしつけ」3つ

※ 知らなかった!? 言葉の語源にみる「子どものしつけ」本当のコツ

※ 押しつければ子どもは反発!上手な「家庭内ルール」の決め方はコレ

※ 米国ABAセラピストが伝授!子供をしつける「黄金テクニック」4つ

塾ソムリエが伝授!「すぐに諦めてしまう子」への上手な2つの対処法

 

【参考】

※ 5 disciplinary mistakes parents make – the asian parent