コレだけは守らせて!「子どもにスマホを持たせる」時の注意点4つ

by 坂本正敬 |

子育て, , ,

この春から進学するお子さんにスマートフォンを買い与える予定のお母さん、持たせる前には利用ルールをしっかりと教える必要がありますよね?

何も教えずに持たせた結果、高額請求や見知らぬ人とのトラブルに発展……なんてことは、絶対に避けたいはずです。

そこで今回は、総務省や内閣府の情報を参考に、子どもにスマートフォンを与えるときのポイントをまとめたいと思います。大人からすれば当たり前の話も含まれていますが、あらためてチェックしてみてください。

 

■1:“SNSで本名や本人写真を使うのはNG”を徹底させる

スマートフォンを与えれば、子どもはさまざまなインターネットサイトの世界に踏み出していきます。当然SNSを利用したり、ソーシャルゲームを楽しんだりもするはずですが、その際にはユーザー名に実名を使わない、自分の本人写真を利用しないように指導してください。

例えば、SNSの写真が勝手にポルノ画像として流用されるなどの被害も……怖いですよね。

 

■2:夜間はスマートフォンをベッドに持ち込ませない

スマートフォンの使用時間を制限するなら、昼間ではなくお母さんの監督しやすい夜間に制限してみてはどうですか?

特に注意したいのが睡眠時。ベッドにスマートフォンを持ち込ませず、就寝時にはリビングに置かせるルールを、買い与える際の約束として作るといいかもしれません。

ただ、どんなサイトを見ているのか、どんなメッセージを交換しているのか、親だからといってリビングに置いてあるスマホの中身を勝手に見るのははNGです。思春期の子どものプライバシーを土足で侵害する形になり、深刻な親子対立に発展する恐れも……。

子どもの成長を認めてあげた上で、確認したい場合は同意を得た上でチェックするようにしましょう。

 

■3:何かをダウンロードする際は、必ず親の同意を得させる

スマートフォンを利用していると、ゲームのアイテムやアプリをダウンロードする機会があります。無料・有料関係なく、何かをダウンロードする際には必ず親の同意を取るようにルールを作ってください。

 

■4:インターネット上で知り合った人とは“絶対に”会ってはならないと伝える

スマートフォンさえあれば、インターネット上で見知らぬ人と知り合えてしまいます。その結果、重大なトラブルに巻き込まれる恐れも……。

総務省の調査でも、今は出会い系サイトではなく、SNSなどのコミュニティーサイトで被害に遭っている児童の数が増えていると分かっています。

「“絶対に”インターネットで知り合った人とは会ってはいけない」と繰り返し伝えてください。

 

以上、子どもにスマートフォンを持たせる際の注意点をまとめましたが、いかがでしたか?

その他、フィルタリングサービスに加入し、有害な情報へのアクセスが制限されるように設定しておくのも親として必須です。その手の対策が苦手なら、お父さんを巻き込むといいかもしれませんね。

また大前提として、親は常に味方であり、問題があればすぐに相談できる存在なのだと繰り返し伝えるようにしましょう。

 

【関連記事】

息子にそれ言っちゃダメ!「男の子の心が折れる」NG子育てワード3つ

我が子が無職に!? 子育てにおいて「親が心がけるべき」たった1つのこと

ウザい親になってない?「思春期の子どもと接するときのNG」5つ

 

【SPONSORED注目記事】

成績アップも!? 子どもの集中力・記憶力欠如に絶対に必要なものとは

※ ガマンなしでメリハリボディに!? 忙しい人でも続けられる新ダイエットとは

※ 成長ホルモンがドバドバ!? 子どもの背が伸びる「伸長ドリンク」とは

 

【参考】

第2部 情報通信の現況・政策の動向 – 総務省

子供たちを守る : 国民を守る情報セキュリティサイト – 内閣サイバーセキュリティセンター

Wi-Fi利用者向け簡易マニュアル – 総務省

 

【画像】

Guian Bolisay