えっ…リンゴの●●は食べちゃダメ!? 「毒性を持つ」意外な食品5つ

by 相馬佳 |

健康・病気, , ,

私たちが普段何気なく食べている食品の数々。その多くが、自分や家族の栄養バランスを考えて購入し、料理に使っているものですよね。

でも、食品の中には、本当は食べるべきでないものや、毒性を持つ部分がある食品も存在します。うっかり食べて、お腹が痛くなるなど具合が悪くならないよう注意したいものですね。

そこで今回は、海外のテレビ局『Fox News』の記事を参考に、このような毒性を持つ食品をご紹介しましょう!

 

■1:ジャガイモ

普段のレシピによく使う便利で安価、そして美味しいジャガイモ。家庭に欠かせない食材ですが、ジャガイモの葉や茎、皮、そして芽には“グリコアルカロイド”という毒性物質が含まれるそうです。

購入時はジャガイモの状態をよく見て、芽が伸びているものや、皮の表面が緑色になっているものは避けましょう。また、長く保管しすぎたり、明るい場所に置いたりするとこの物質が発生しやすいそうですので、暗い食品庫などに保存し、なるべく早く消費するのが安全です。

 

■2:果物の種

果物を食べているとき、うっかり種を飲み込んでしまうことがありますよね。しかし、これもNG!

サクランボやリンゴ、桃などの種には、“シアン化水素”という毒素が含まれるそうです。ちゃんと取り除いてから実だけを食べてくださいね!

 

■3:ルバーブ

高級食材として珍重される野菜、ルバーブ。赤い茎と緑の葉が特徴で、葉野菜のように見えるため、つい葉をサラダなどにして食べたくなりますが、絶対ダメ!

ルバーブの葉には“シュウ酸”が多く含まれていて、腎臓結石などの原因になるそうですので、葉は食用にしてはいけませんよ!

 

■4:ナツメグ

料理の味付けに使われるナツメグ。しかし、実は多量に摂取すると幻覚など中毒症状を起こす麻薬性を持つそうです。

多量に摂取すると痙攣や発作症状を起こし、死に至ることもあるそうですので、料理にドバッと入れてはいけません!

 

■5:トマト

病気予防効果や美容効果をたくさん持つトマト。特に夏は太陽で真っ赤に熟れたトマトが美味しいですね。

しかし、トマトを食べていいのは実だけ。葉や茎にはアルカリ性の毒素が含まれているそうです。サラダなどに混ぜたり、子どもが間違って食べたりしないように注意しましょう!

 

以上、日常的に利用する食材で、毒性があるものをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

このほかにも、今まで食べたことのない食材や、野山で見つけた食材を料理に使うときは、ネットで調べてみるなどしてから食べるほうが無難です。

せっかくの料理で体を壊すことのないよう、十分注意してくださいね。

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 美しい「すっぴん肌」の秘密は豆腐!? 今話題の自然派化粧品を美容家が試してみた

※ 周りの生活習慣も影響…?アラフォーママが「薄毛を実感するシーン」3つ

※ 「健康生活」のつよい味方!料理に混ぜるだけのお手軽パウダーが凄い

 

【関連記事】

冬はおデブ化の危険高し!30代必見の「2ヵ月-10kg」ダイエット【PR】

ヤバ…毎日食べてる!脳機能が悪化して「頭の働きを鈍らせる」食品4つ

えっ…トマトも冷蔵庫に入れちゃダメ!? 「常温で保存すべき」食品6つ

今日の食卓に並べよう!毎日食べたい「がん予防効果を持つ」食品6つ

それでも食べますか?健康に悪影響の「栄養士が口にしない食品」4つ

 

【参考】

10 deadly foods you probably have in your kitchen – FOX NEWS