嫁失格!? 3位玄関汚すぎ「姑が同居する嫁に対して不満に思う家事」1位は

by 坂本正敬 |

人間関係, , ,

嫁と姑の戦いは、いつの時代も繰り返されていますよね? 『WooRis』の過去記事でもさまざまな形で取り上げてきましたが、実際問題として姑は嫁の何に不満を感じているのでしょうか?

そこで今回は全国の息子夫婦と同居中の姑54人に、「“なんとかならないかなあ”と気になって仕方ない“嫁のNG家事”」を教えてもらいました。

世の姑が嫁の家事について、どのような点を気にしているかが分かるデータです。ランキング形式で紹介しますので、ぜひともチェックしてみてくださいね。

 

■第5位:「アイロンがけが不十分」(12.7%)

第5位は「しわだらけの衣類にアイロンをかけない・アイロンが不十分」(12.7%)という意見がランクインしました。

なるほどアイロンがけは、準備から片付けに至るまで非常に面倒な家事の代表選手。さらに技術も求められるとなると、サボりがちになったり、思うよう上達しなかったりします。

自分ではやりたくないから、夫のワイシャツはクリーニング店に出して、お金で解決しているというご家庭もあるはずです。

しかし、そんなアイロンがけに対して、姑は目を光らせていると分かりました。

インターネット上では、姑世代から「アイロンがけくらいはやってほしい。こんな当たり前のことを望まなければいけないなんて……」といった声も寄せられていましたよ。

 

■同率3位:「食事の量・種類」「玄関に靴が散乱」(各14.5%)

第3位は同率で、二つの回答が寄せられていました。「食事の量や種類が希望通りではない」「玄関に靴があふれている」(各14.5%)。

年代が違い、生まれも違う人同士が同居すると、食事の問題は避けては通れない問題です。

筆者の周りで息子夫婦と仲良く同居している姑に食事問題について聞いてみたところ、「1つのキッチン、1つの食卓でも、息子夫婦といくつか違う食べ物を自分で作って並べている」そうです。

“衝突を避ける工夫”を凝らして問題が起こらないようにしている家庭もあるようですね。

“玄関の散らかり方”に関しては、玄関は家の顔であり運気にも影響すると言われているからこそ、そのエリアが散らかっている状態を、どうしても許せないのかもしれませんね。

 

■第2位:「洗濯物を放置」(16.4%)

第2位は「洗濯物を洗濯かごに放置しすぎ」(16.4%)でした。洗濯かごに洗濯物があふれた状態を嫌う姑は多いようです。

確かに洗濯かごに湿ったタオルや衣類があふれていると、見ていて気持ちは良くありませんよね。

ただ、育児に仕事に家事にと忙しくしている嫁からすれば、ついついたまってしまうケースもあるかと思います。子どもがいると洗濯物も一気に増えて、洗濯が追い付かない日もありますよね。

嫁の側からすれば「気づいているなら洗ってよ……」と思うかもしれませんが、姑も姑で「選択は嫁の仕事でしょうが!」と思ってイライラしているのかもしれません。

 

■第1位:「庭の管理(雑草やゴミの処理)」(23.6%)

第1位は「庭が雑草だらけ、ゴミが散乱している」(23.6%)でした。

筆者にとってはちょっと意外だったのですが、庭の状態を気にする姑が最も多いと、今回の調査でと分かりました。

忙しい日々を送っている息子夫婦からすれば、庭の草むしりなどはとても平日にできません。週末に先送りしたところで、その週末も予定がいっぱいだったりして、ついつい放置しがちになってしまいます。

しかしインターネット上にも、「庭の雑草が生え放題のよそ様の家を見ると、この家は嫁がだらしないと感じてしまう」といった姑世代の声もありました。

それこそ嫁としては、「庭いじりは、お任せします!」という気持ちになりそうですが、一方で体力も必要な屋外の仕事。姑の側も骨が折れるために、息子夫婦に期待してしまうのかもしれませんね。

 

以上、姑が気になる嫁のNG家事ランキングをご紹介しましたが、いかがでしたか? その他、第6位には「水回りの掃除が不十分」(10.9%)などが挙げられていました。

姑と同居する方、あるいは今後同居をひかえているという方は、ぜひとも参考にしてみてくださいね。

(ライター 坂本正敬)

 

【関連記事】

※ これもタワマン格差!「ママカーストに巻き込まれやすい人」の特徴

※ 同窓会で初恋の彼に会いたい…でも「やっぱり会いたくない理由」1位は

※ 2位会う機会を減らす「実母と姑の良い関係」を築く為に妻がしている工夫

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 知らなきゃ離婚問題に!? 夫婦で要チェック「更年期の基礎知識と対策」

元おニャン子メンバ-も絶賛!飲ませてよかった「成長促進ドリンク」とは

※ 時短だけじゃない!「エイジングケア」もできるBBクリームって

 

【画像】

※ マハロ / PIXTA(ピクスタ)