2位勉強しろと言わない「わが子を一流大学に行かせた親の育児法」1位は

by 坂本正敬 |

子育て, , , ,

学歴が全てではないにせよ、できるならわが子には“いい大学”に行ってもらいたい……。多くの親が抱く本音ではないでしょうか?

では、小さいころからどういった子育てを心がければ、子どもに無理強いをせずに自然と“いい大学”に入学させてあげられるのでしょうか?

そこで今回は、『WooRis』が全国に住む40代以上の既婚男女の中で、現役の大学生、あるいは大卒の子どもがいる188人に対して「あなたのお子さんは、いわゆる一流大学・名門大学の出身または現役生ですか?」と質問しました。

その問いに「はい」と答えた79人に今度は「子どもが小さいころから心がけた育児法は?」と聞いてみました。上位の答えをランキング形式で紹介しますので、ぜひとも参考にしてみてくださいね。

 

■第5位:「とにかく何でもよく会話した」(15票)

第5位は、「とにかく何でもよく会話した」(15票)という答えがランクインしました。

親子の会話は、子どもの脳を育てるために、最も手軽で優れた教育法だと言われています。まさにその考えを裏付けるかのような答えがランクインしました。

なかなか父母ともに子どもとゆっくりと会話ができないという家庭も少なくないと思います。

それでも先輩ママ・パパの意見を参考に、少しでも子どもと会話を持てる時間を探して、コミュニケーションを取りたいですね。

 

■第4位:「スポーツをさせるなど文武両道を心がけさせた」(18票)

第4位は「スポーツをさせるなど文武両道を心がけさせた」(18票)という答え。

頭を良くするためには、机に向かって勉強するのが大切なような気がしてしまいますが、運動こそが脳を発達させてくれるとも言われています。

「頭でっかちにならないように、文武両道を意識させた」「へこたれない気持ちを鍛える意味でも運動は重要」と考える親御さんも少なくないようですね。

 

■第3位:「小さいころからたくさんの本を読んであげた」(20票)

小さいころからの読書習慣は、勉強ができる子・できない子の分かれ目になりそうですよね?

実際に「小さいころから本(絵本)をたくさん読んであげた」(20票)という親御さんも、今回の調査では少なくなく、第3位にランクイン。

『WooRis』の過去記事「あなたの子どもを“本好きに育てる”3つのタイミング」には、子どもを本好きにするコツとして、

(1)絵本の読み聞かせをする

(2)親自身が読書を好み、読んでいる姿を見せる。部屋のあちこちに本を置いておく

(3)思春期に子どもの悩みを解決するような本と出会わせてあげる

などが紹介されています。参考にしてみてくださいね。

 

■第2位:「“勉強しろ”と全く言わなかった」(23票)

中学生や高校生など、いよいよ本格的な勉強が必要になってきた時期でも、子どもを一流大学・有名大学に入れた親は「勉強しろと全く言わなかった」(23票)ようです。

第3位「小さいころからたくさんの本を読んであげた」、第5位「とにかく何でもよく会話した」などの育児を通して、子どもが中高生になるころは、親が小言を並べなくても勉強をする状態になっていたのかもしれませんね。

逆に今回のアンケートには「勉強しろと口を酸っぱくして言った」といった選択肢もあったのですが、選んだ人はたった2人、全体の2.5%に過ぎませんでした。

 

■第1位:「朝ごはんを欠かさず食べさせた」(24票)

第1位は「朝ごはんを欠かさず食べさせた」(24票)という回答が選ばれました。

文部科学省からも繰り返し言われている通り、朝ごはんを食べないと午前中の集中力が維持できない、頭の回転が遅くなると知られています。

学校の授業は基本的に1時間目から4時間目までが午前中に行われますよね。昼食を挟んで5時間目、6時間目などと続きます。

仮に午前中ずっと、脳がエネルギー不足で働いていなければ、授業の大半をボーっと聞いている形になってしまいます……。

これでは、なかなか勉強も身に付きませんよね? 子どもの学力に朝ごはんはとっても大切だと、今回の調査でも明らかになりました。

 

以上、子どもが一流大学、有名大学に行った(行っている)という親79人に聞いた、育児の心がけをまとめましたが、いかがでしたか?

6位には「得意科目を伸ばしてあげた」(13票)なども入っていました。今まさに子育てをしている、これからママになるといった方はぜひとも参考にしてみてくださいね。

(ライター 坂本正敬)

 

【関連記事】

※ 12歳までが勝負!?「子どもの運動神経」をよくする為にママができる事

※ 得意になるどころか!むしろ「子どもを算数嫌いにさせている」学習法とは

※ 1位は「ドクターX」効果!? 女子小学生が憧れる職業ランキング

 

【Specialコンテンツ(PR)

元おニャン子メンバ-も絶賛!飲ませてよかった「成長促進ドリンク」とは

※ 成功者続出!ホンモノの水素水を使ったエイジングケアって

※ ママ友に「オバ顔」認定される顔の特徴!2位はたるみ、1位は○○

 

【姉妹サイト】

※ これなら挫折しない!「楽しみながら英語を勉強する」方法3つ

 

【参考】

「早寝早起き朝ごはん」国民運動の推進について – 文部科学省