孤独のほうが幸せ!? 無理する位なら「ママ友と上手に距離をおく」コツ3つ

by 中田綾美 |

人間関係, , ,

菅野美穂さん主演のドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』が話題ですが、“ママ友”って本当に必要なのでしょうか?

内心では距離をおきたいのに、「孤立するのが怖いから」とママ友からの誘いを断れないでいる……。そんなあなたに警告!

無理してママ友付き合いを続けることで、あなたの幸福度をどんどん下げることになってしまうかもしれません。

このたびイギリスの心理学研究で“ある種の人は友人と一緒にいるより1人で過ごすほうが幸せ”ということが明らかになったのです。

 

■友人と過ごすことで幸福度が下がってしまう人も?

イギリスの進化心理学者のカナザワ氏とリー氏は、18歳~28歳の男女15,000人を対象に“友人付き合いと幸福度”に関する調査をおこないました。

すると、一般的には、友人付き合いが多い人ほど、幸福度が高いことが明らかになったとのこと……と、これ自体は驚くようなことではありませんが、この調査結果には一部の例外がありました。

なんと“知性の高い人”に限っては、友人と過ごすほうが逆に幸福度が下がってしまうのだそうです!

 

■“知性の高い人”が孤独を好む理由とは

この結果を受けて研究者らは、「人間が友人付き合いで幸福を感じられるのは、大昔のなごりではないか」と分析しています。

つまり、かつては食糧や住まいの確保など、生きていくのに集団行動が欠かせなかったことが、現代人の“誰かと一緒にいるほうが幸せ”という感じ方にも影響しているというのです。

ただ、今のご時世、知性の高い人は“おひとり様”でも不自由なく暮らしていけるので、昔の人ほど人とつながる必要性に迫られていないのかもしれません。

また、もうひとつの説明として、賢い人は向上心が強い傾向があるため、人付き合いより目標に向かって何らかの行動をすることを好むのではないかともいわれています。

 

■ママ友と上手に距離をおくコツ3つ

上記の研究によれば、“孤独を恐れて友達付き合いを続ける”のは必ずしも正しい選択肢とはいえないようです。もしもあなたがママ友付き合いに息苦しさを感じているなら、思い切って距離をおいてみてもいいでしょう。

とはいえ、いきなりよそよそしくして角が立つのは避けたいもの。そこで、マナーデザイナー・岩下宣子氏の著書『好印象を与えるママ&パパの子連れマナー』(主婦と生活社)を参考に、“ママ友と上手に距離をおくコツ”3つを押さえておきましょう。

(1)長電話やLINEを切り上げる口実を考えておく

長電話やLINEを切り上げたいときの口実をあらかじめ考えておきましょう。

たとえば、「ちょっとごめんね。台所で煮物をしているから」とか「パパが用事があるみたい!」など、“家事”や“家族”を口実にすれば相手を傷つけずに切り上げることができます。

さらに、「おやすみなさい」、「失礼します」、「今日もよい1日を」など“終わりの言葉”を付け加えることを忘れずに。

“今日はもうおしまい”の意をさりげなく伝えることで、「さっきの続きだけど……」とその日のうちに再び連絡がくるのを防ぐことができます。

(2)ランチやお茶会は“姑”を口実に断る

ランチやお茶会に出席したくない場合は、“お姑さん”を口実に断りましょう。「義母に用を頼まれているので、今回は残念だけどみなさんで楽しんできてね」と言えば、同じ境遇のママ同士ですから事情をくんでくれて文句はでないはずです。

こうしてやんわりと断り続ければ、そのうち誘いが少なくなってくるでしょう。

(3)“笑顔であいさつ”は欠かさない

上記(1)(2)の方法について、「そんなことをしたら“付き合いが悪い”と陰口をたたかれるのでは?」などと心配な人もいるかもしれませんね。

そんな人に強くおすすめしたいのは、とにかく“笑顔であいさつ”だけは欠かさないこと。この最低限のポイントを守っていれば、むやみに敵をつくるリスクを低めることはできます。

もちろん、ママ友グループのなかには、その場にいない人の悪口や噂話が大好きという人もいることでしょう。でも、そういった人たちのことをいちいち気に病んでいたらキリがありません。

“笑顔であいさつ”を心がけていれば、もし心ない誰かがあなたの悪口を言ったとしても、「そんな悪い人には見えないけれど……」ときっと味方してくれる人がいるはずです。

人付き合いが苦手という人こそ、ぜひ“笑顔であいさつ”だけは心がけるようにしましょう。

 

いかがでしたか? ママ友は“同じ子育てをする者同士”ということで、心強い存在ともいえます。ただ、もしもあなたが「孤立するのが怖い」という理由だけでママ友付き合いを続けているのなら、その労力をもっと他に向けたほうがあなたや家族にとって幸せかもしれません。

“ママ友疲れ”を感じているかたは、今回お届けした方法で上手に距離をおくようにしましょう。

(ライター 中田綾美)

 

【関連記事】

※ 「二度と食べたくない」と涙目になったママ友の手料理…その斬新な理由1位は

※ ゲッ…蜘蛛の巣探してる!?「ママ友の家でついチェックする所」TOP5

※ もう来るな!2位冷蔵庫を開ける「遊びに来たママ友のNG行動」縁切りたい1位は

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 【体験レポ】あなたは何タイプ? 頭皮に合わせたケアがいま主婦に話題

美魔女のキレイの秘訣!? あの高級食材をつかった美容術

※ たったの15秒で・・・一味違う「幹細胞コスメ」がすごい!

 

【参考】

Smart people need to spend more time alone, new study suggests – Birmingham Mail

岩下宣子(2015)『好印象を与えるママ&パパの子連れマナー』(主婦と生活社)

岩下宣子(2015)『好印象を与えるママ&パパの子連れマナー』(主婦と生活社)