こんな家にはしちゃダメ!「うつになりやすい家」のNGポイント5つ

by MOE |

生活, , ,

みなさんは、自分の部屋はお好きですか? 居心地はどうですか? 家に帰ると元気になりますか? どれもYESなら問題ないのですが、もし自分の部屋に飽きていたり、何か帰りたくないと思うようなら問題です。

なぜなら、実はその家に住んでいると、気分が悪くなったり、元気がなくなったりしやすくなる、いわゆる“うつになりやすい家”というのが存在するのです。

そこで今回は、アメリカの住宅セラピーサイト『apartment therapy』の記事を参考に、うつになりやすい家のポイントを5つご紹介します。ご自身の部屋に当てはまっていないか、一緒にチェックしていきましょう。

 

■1:日光が当たらない

部屋に日の光は当たっていますか? もし日当たりが悪いようでしたら、鏡を置いてみたり、ブラインドを開けたり、カーテンの素材を薄めの物に変えたり、窓を掃除したりして、できるだけ日光をとりいれるようにしてみましょう。

 

■2:面白みを感じられない

部屋のインテリアに関心をもてていますか? 自分の部屋に置く何かを自分で作ったりしますか? 自分が過ごす空間だからこそ、部屋に飾るものを手作りしてみたり、お気に入りのインテリアを置いてみたりして、自分の部屋に関心がもてるように環境を整えましょう。

 

■3:細かい所が汚れている

疲れて家に帰ってきて、汚れた部屋や埃などを見ると、気分が沈みますよね。でも、掃除しようと思っても、どこからスタートしてよいかわからなくなってしまうこともあるでしょう。

そんな時は、一つのスペースだけ集中して掃除しましょう。埃を残さないように細かい所も忘れずに!

 

■4:余計な物であふれている

大量の物に囲まれて過ごしていると、それが全て必要な物だと思い込んでしまいますが、実はさほど必要ではないものも多いかもしれません。好きでもない物に囲まれて生活していると、気分の落ち込みに繋がってしまいます。

本当に必要なもの以外は置かずに、一度部屋をシンプルにしてみれば、気分がすっきりするでしょう。

 

■5:家具の位置がいつも一緒

部屋に入った時、家具が邪魔になっていませんか? もし違和感があるようなら、角度を変えてみたり、動かしてみたりしましょう。ずっと動かしていない家具も、位置を動かす事で生き返り、いきいきとしてきます。またそうする事で、部屋全体も明るくなってきます。

 

以上、うつになりやすい家のポイントを5つご紹介しましたが、いかがでしたか?

ゆっくり睡眠をとったり、リラックスしたりするための部屋なのに、どうも落ち着かないというのでは、精神状態にも悪影響をおよぼします。旅行できれいなホテルに宿泊すると、気分も上がるように、自分のスペースにも少し手をかけてあげる事で、あなた自身の感情も前向きになれるのではないでしょうか。ぜひお試しください!

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 周りの生活習慣も影響…?アラフォーママが「薄毛を実感するシーン」3つ

※ 「健康生活」のつよい味方!料理に混ぜるだけのお手軽パウダーが凄い

※ あなたの「すっぴん肌」大丈夫!? 今話題の自然派化粧品を美容家が試してみた

 

【関連記事】

あなたの家は大丈夫?「ぶくぶく太っちゃう家」の特徴5つ

午後10時じゃなくてもOK!? 「良質な睡眠」が脂肪燃焼のカギ

寝坊したら元通り!? 「寝るだけダイエット」の意外な落とし穴

身体だけでなく心にも悪影響を及ぼす「シュガーレスガム」の恐怖

寝る前に牛乳を飲むだけ?不眠症をガッツリ改善する7個の食材

 

【参考】

5 Simple Ways to Make Your House Less Depressing – apartment therapy