スマホ写真で全世界に自宅住所公開!? の恐怖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

ワンタッチで写真を撮影できるスマートフォン。撮った画像をその場でネットにアップすることもできるので、日記代わりにパシャパシャ楽しんでいる方は多いはず。自宅でくつろぐ様子を撮影してSNSやブログにアップ、なんてこともよくあるのではないでしょうか?

でもちょっと待って。あなたが撮ったその写真から、自宅の住所を突き止められてしまうかも知れません。

筆者の女友達は以前、こんな恐ろしい体験をしたそうです。

ある日、自宅でくつろぎながら何気なく「家でごろごろなう。予定が無くて寂しいなー」と写真をアップしていたら、玄関から呼び鈴の音が。ドアを開けると、そこには一度しか会ったことのないfacebook友だち(男性)の姿が。もちろん住所なんて教えていないのに、どうして!?

男はこう言ったそうです。

「写真から住所が分かったから、会いに来たよ。寂しいって言ってたじゃん」

どうして、こんなことが起こったのでしょうか。その理由は、スマートフォンに内蔵されたデジタルカメラの、とある機能にありました。

 

■写真にデータとして記録される”撮影場所”

デジタルカメラで写真を撮影すると、写真の画像そのもののほかにEXIF(イグジフ)という特殊なデータが一緒に保存されます。このデータには、撮影したカメラの機種や、撮影時刻など写真を撮影した条件が事細かに記録される仕組みになっていて、そのなかには”写真を撮影した場所”も、記録されるようになっているのです。

このデータ自体は、専用のソフトやサービスを使って写真を管理するときに検索が楽になるという大きなメリットを持つものです。しかし、使い方を誤ると、先ほどの例のように「どこで撮ったか知られたくないのに、バレる……!?」ということに繋がってしまう危険性があるのです。

では、どうしたらこのような事態を防ぐことが出来るのでしょうか。

 

■知られたくない場所では『位置情報』設定をオフに

iPhoneやAndroid等のスマートフォンでは、カメラを含む各アプリが位置情報を使用できるかどうかを細かく設定することができるようになっています。他人に知られたくない場所で写真を撮影するときは、あらかじめこの設定を行うことで意図しない形で撮影場所が写真のデータに書き込まれる防ぐことができます。

(iPhoneの場合)
『設定』アイコンをクリックし、『位置情報サービス』→『カメラ』をオフに

(Androidの場合:機種により異なる場合があります)
カメラアプリをクリックし、『All Menu』→『保存設定』→『位置情報』→『自動付加設定』をオフに

 

■撮った写真から”撮影場所”を削除する方法

すでに撮ってしまった写真から撮影場所のデータを削除したい場合は、専用のアプリを使用して削除することができます。友達同士で共有したり、公開したい場合は、このような手段を取ることも有効です。下に人気のあるアプリを挙げておきましたので、参考にしてみてください。

ふだんの暮らしでは意識することのほとんどない、写真データの中身。意図しない情報が埋め込まれないように心がけて、楽しいフォトライフを過ごしましょう。

 

【参考】
※ 「GeoGone」iPhone用 撮影場所データ削除アプリ(無料)
※ 「Clear EXIF」Android用 撮影場所データ削除アプリ(無料)

tagタグ一覧