住宅購入の予定がなくても「財形住宅貯蓄」をした方が良い理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

お子さんの教育資金、将来のマイホーム資金、老後の蓄え……など、いつか必要になるお金、皆さんはどんなふうに貯めていらっしゃいますか? 

以前の『WooRis』の過去記事「FPが伝授!収入が少なくても“なぜか貯蓄が多い人”のお金の貯め方とは」では、貯蓄を増やすには、毎月の給与天引きなどで積み立てる、いわゆる“先取り”で貯める方法が有効であることをお伝えしました。 

そんな“先取り”で貯める場合に、よく使われるのが“財形貯蓄”ですが、利子に課税されるものとされないものがあることをご存知でしょうか?

もし“財形貯蓄”を利用していて、非課税の枠を利用していなかったら、ちょっともったいないかもしれません。そこで今回は、ファイナンシャルプランナーの筆者が、“利子に課税されない財形貯蓄”についてお伝えします。

 

■利子に課税されない財形貯蓄はこの2種類

財形貯蓄の種類は、一般財形貯蓄・財形住宅貯蓄・財形年金貯蓄の3種類。その中でも、財形住宅貯蓄・財形年金貯蓄は、両方合わせて貯蓄残高550万円まで、利子等が非課税になります。現在は、通常20.315%の税金が利子等に課税されますが、この2種類では課税がされないのです。 

ちなみに、財形住宅貯蓄は、住宅取得やリフォームなど、住まいに関する資金を貯めるための制度。また、財形年金貯蓄は、老後に年金として受け取る資金を貯めるための制度です。

 

■“目的外での払い出し”による課税

どちらの制度も、住宅取得や老後の年金を貯めるための制度ですから、これらの目的以外で支払いをすれば、利子には課税されてしまいます。そんなことから「住宅取得の予定はない」「財形で老後資金を貯めるつもりもない」という方の中には、はじめからこの2種類の制度を考えない方もいらっしゃるでしょう。 

ですが、これらの財形貯蓄で、預貯金タイプの場合、たとえ目的以外での払い出しをしても、課税されるのは、払い出しされた月から遡った5年間に生じた利子のみ。それ以前の利子には課税されないのです。 

たとえば、財形住宅貯蓄を15年間継続して、目的外での払い出しをしたとすると、直近5年分の利子には課税されますが、それ以前の10年分の利子には課税されないのです。つまり、「長く貯め続ければ、目的以外での払い出しをしても、ある程度は非課税の恩恵を受けられる」というわけです。

 「将来何に使うかわからないけれど、財形やってみようかな」という方は、財形住宅貯蓄か財形年金貯蓄を始めることを検討してみてはいかがでしょうか?

 

■財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄の注意点

一方で、財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄は、一般財形貯蓄のようなフレキシブルさがないのが難点。もし「長期に貯め続けるつもりがない」「途中で払い出しがしたい」ということであれば、貯蓄開始1年経過後から払い出しが自由になる一般財形貯蓄を選んだ方がいいでしょう。 

また先述の通り、財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄は、両方の貯蓄残高合計が550万円を超えると、利子が課税扱いとなってしまいます。まめに残高チェックをして、貯め過ぎには気を付けましょう!

 

いかがでしたか? 理想は、住宅取得までは財形住宅貯蓄を利用して貯め、その後、非課税枠がゼロになったら、財形年金貯蓄で老後資金を貯め始める方法。これなら、非課税枠をフル活用することもできそうです。

地味ながら確実に貯められる財形貯蓄制度、勤務先に制度がある場合は、ぜひ調べてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 今すぐ断ち切って!FPが警鐘「どんどん貧乏になる財布」の特徴3つ

貯め体質になるにはコレ!「お金持ちがコッソリしている努力」5つ

※ ゲッ…ソレ絶対にダメ!実は「借りて使ったらヤバすぎる」NG日用品4つ

※ 周りはココを見てる!「この人育ちがイイな〜」と思われる食事のお作法3つ

 

【姉妹サイト】

※ 当てはまったらヤバすぎ!「ドンドン貧乏になる」働き女子のNG習慣4つ

※ 知らないと大損!身近な食べ物のカロリーを減らすとっておきのコツ