それじゃ口角キュッと上がらない!「オバ顔に見える」NGメイク3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

健康的に、若々しく見られたいのに、なぜか顔が老けてみえる。それはもしかしたらメイクが原因かもしれません。

若い頃は適当にメイクをしても、それなりに綺麗になれたと思いますが年を重ねるごとにお化粧を載せる土台が変わってくるので同じようにはいきません。

せっかくのメイクが今の肌にミスマッチになってしまい、逆効果になっては意味がありませんよね。

そこで今回は『WooRis』の過去記事と海外情報サイト『AMERIKANKI』を参考に、“老け顔にみえてしまうNGメイク”を3つご紹介します。

 

NG1:リップブラシを使わない

口紅は、きちんとリップブラシを使って塗るようにしましょう。

そんなに濃い色のリップを塗るわけではないし、グロスを重ねるからといってその一手間を省くと口角のはっきりしないぼやけた印象になり、結果的に老け顔になることも。

さらに、笑顔を作りながらリップブラシやリップペンシルを使って輪郭を描くと、口角がキュッと上がった若々しい口元が完成しますよ。

 

NG2:濃すぎる眉

「眉毛だけは毎朝描かないと外に出られない!」という女性、結構多いですよね。そういう人は特に、眉に集中するあまり濃く描きすぎていないかチェックしてみてください。

眉ひとつで顔の印象は変わってしまいます。濃く描きすぎた眉は老けた印象になるので要注意。

また、眉の色も重要で、髪の色と同じか少し明るいくらいの色を選ぶようにしてください。より自然に若々しい眉を描くならペンシルとパウダーを併用することをお勧めします。