渡す方も貰う方も気を使う…適度な距離の「義理チョコ」3パターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

もうすぐバレンタインデーですね。主婦のかたでも働いている場合は「ゲッ、今年も会社で義理チョコ配らなきゃ……」と、頭を抱えているかたもいるのでは!?

では、世の中の働く女性たちは、そんな職場での義理チョコについて、本当はどう考えているのでしょうか? 今回は、日本法規情報が男女1,103人を対象に実施した「バレンタインデーに関する実態調査」を参考に検証してみましょう!

 

会社の“義理チョコ禁止”を支持する女性は75%!

バレンタインデーが近づくと、女性社員の中には「あ~あ、またか……いっそのこと社内規定で禁止してくれればいいのに!」と思う人もいるかもしれませんね。

実際、最近では禁止している会社もあるそうです。

調査ではまず、男女に「職場でのバレンタインデーにチョコレートなどをプレゼントすることを社内規程で禁止することについてあなたの考えをお聞かせください」と尋ねると、全体では禁止が「いいと思う」が69%、「よくないと思う」が31%。

これを女性だけに絞ると、「いいと思う」は75%、「よくないと思う」は25%という結果となりました。つまり、バレンタインデーにチョコを配る側の女性社員の殆どは、この慣習自体をよく思っていないことが判ります。

さて、禁止を「いいと思う」と答えた人の理由とはいったいなんでしょうか?

1位・・・「あげる、お返しをするのが面倒だと思うから」(47%)

2位・・・「会社には必要ないと思うから」(21%)

3位・・・「バレンタインデーを重要視していないから」(12%)

という結果でした。

中には、「あげる、もらうで一喜一憂したくないから」(9%)、「男女のいざこざが面倒だから」(5%)という意見もありました! 義理チョコで誤解が生じて、男女のいざこざに発展してしまうこともあるようですね。

tagタグ一覧