2割が経験…保護者500人に聞いた「子どもへの暴力・体罰」について

子どもへの暴力、体罰はよくない……と多くの親は考えていることでしょう。でも、育児がうまくいかないと“イラッ”として、つい子どもに手を上げたくなることってありませんか? 『WooRis』では子持ち男女500人に“子どもへの暴力、体罰”をテーマにアンケート調査を実施しました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

「お子さんに暴力・体罰を与えたことがありますか?」

「はい」・・・99人(19.8%)

「いいえ」・・・401人(80.2%)

ご覧の通り、子どもに手を上げてしまった経験のある親はおよそ5人に1人。

また、男女別で見ると、男性15.5%(38人/245人)、女性23.9%(61人/255人)となりました。

女性のほうがやや割合が高いのは、母親のほうが子どもと密接に関わる機会が多いことが影響しているのかもしれませんね。

 

「なぜ、どんな暴力・体罰を与えましたか?」

子どもに手を上げた経験のある人に、そのシチュエーションについても教えてもらいました。

「子供がずっと泣いてイライラしたからタオルで叩いた」

「最初から叩いたりしません。ただ5~10回言っても聞かなければ最終的に手がでます」

「子供が親戚の子を叩いてしまったので、同じように頭をパチン。自分が相手にしたことを知らせるため」

「持っていたおもちゃを振り回して、私の目に刺さりそうになったときにビンタした」

「乳児のお世話中、上の子から抱っことかをねだられたので、突き飛ばした。猛反省し、以降はどんなに忙しくても優しく接するようになりました」

暴力・体罰のタイミングとして多かったのは、“口で何度言っても聞かない”、“子どもが乱暴をはたらいた”という2パターン。

親だって好き好んで暴力をふるうわけじゃないけど、堪忍袋の緒が切れるとつい手が……ということなのでしょう。

また、感情的になってしまったことを悔やむようなコメントも散見されました。

tagタグ一覧