物件探しの注意点!自殺・殺人が起きた「事故物件」の見抜き方4つ

不動産屋で賃貸物件をお探しの方は要注意! “おいしい話には裏がある”といいます。一見“掘り出し物”のような好条件の住宅が、実は過去に自殺や殺人の起きた“事故物件”かもしれません。今回は、主婦の友インフォス情報社編集の書籍『事故物件サイト・大島てるの絶対に借りてはいけない物件』を参考に、事故物件の見抜き方をお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:周辺の家賃相場よりも3~5割安い

間取り、立地など同じ条件であれば、なるべく家賃は安いに越したことはありませんよね。

ところが、周辺の相場よりも3~5割も安いような破格の家賃の場合は、事故物件のおそれが……。

人の死に関わる事件・事故があったような物件は敬遠されやすいので、そのぶん家賃が減額されているというわけです。

格安の物件を見つけても「こんなにいいお部屋がラッキー!」と有頂天にならず、下記2~4の条件にも当てはまらないか冷静にチェックしましょう。

 

2:部屋の一部分だけ不自然なリフォームがされている

事件や事故のあと、死体の発見が遅れた場合、死体の腐敗が進んで体液が床下にまで染み込み、強烈な腐敗臭を発するそうです。

その痕跡を消すため、事故物件では部分的にリフォームを行うこともあるのだとか。

たとえば、風呂やトイレは古いままなのに、床だけは最新式のフローリング……といった物件は、怪しいと見てもいいでしょう。

また、部屋全体がリフォームされていたとしても、同じマンション・アパートで一戸だけがキレイになっているような場合も要注意です。