うちの場合は?「死亡保険にかかる税金は3種類」税理士が指南

生命保険に入っている方も多いと思いますが、契約内容を理解していますか? 万が一のことがあったとき、残された家族の生活の支えとなるのが死亡保険金です。しかし助けになる一方、死亡保険金を受け取った人には、契約形態によりそれぞれの税金が課されることをご存知でしょうか。
今回はいざというときのために、税理士である筆者が、”加入前に知っておきたい死亡保険金の課税”について説明します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

死亡保険金にかかる税金の種類

死亡保険では、被保険者・保険料の負担者・保険金受取人の3人が登場人物となります。この3人が誰なのか、どんな組み合わせなのかによって、死亡保険金に課税される税金の種類が異なってくるのです。

具体的には、所得税・相続税・贈与税の3種類のどれかに該当します。それぞれ税率や非課税の制度も違うため、同じ死亡保険金額でも納める税金の額が異なります。

申告漏れを防いだり、税金を少なくするために、死亡保険金にどのような税金がかかるのかを知っておくと、いざというときに役立ちます。

 

具体例でみる3つの課税関係

課税関係を分かりやすくするために、具体例を3つ挙げて説明します。登場人物は、父・母・息子の3人で、大黒柱の父が亡くなったとします。

(1)被保険者・父 保険料負担者・母 保険金受取人・母

保険料負担者と保険金受取人が同一の場合、所得税が課税されます。

(2)被保険者・父 保険料負担者・父 保険金受取人・母

被保険者と保険料負担者が同一の場合、相続税が課税されます。

(3)被保険者・父 保険料負担者・母 保険金受取人・息子

被保険者と保険料負担者と保険金受取人のすべてが異なる場合、贈与税が課税されます。

順に見ていくと、保険料をお母さんが払っていて、死亡保険金もお母さんが受け取るような(1)のケースでは、死亡保険金であっても所得税が課税されます。

お父さんが自分で保険料を払っていて、死亡保険金をお母さんが受け取るという(2)のケースの場合、相続税の課税対象になります。

(3)のような、息子さんが受け取る場合には、保険料負担者のお母さんから息子さんへの贈与があったものとして、贈与税が課税されます。

どのケースでどの税金がかかるのか、イメージはできましたか? では、次は税金のかかり方を見ていきましょう。

tagタグ一覧