洗浄ノズルの汚れどうしてる? 面倒な個所の「トイレ掃除の仕方」

主婦にとって、トイレは家の中で1人になれる数少ない場所です。なので、清潔にして、くつろげるようにしておきたいですよね。ですが、掃除しにくい個所や汚れが落ちにくい部分があったりして、「毎日のトイレ掃除がストレス!」なんてことも。
今回は、そんなストレスを解消すべく日本レストルーム工業会のホームページを参考に、掃除しづらい個所などの正しい掃除の仕方をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

トイレ掃除で“汚れが落ちづらい個所”ワースト3

まず、大王製紙が30代~40代の既婚男女500名に行った「夫婦の“トイレ掃除”に関する意識・実態調査」のアンケート調査についてお伝えしましょう。

同調査では「トイレ掃除で汚れが落ちづらいと感じる個所は?(複数回答)」とアンケートをとったところ、結果は以下の通りとなりました。

ワースト3位・・・便器のフチ(52%)
ワースト2位・・・洗浄ノズル近辺(54%)
ワースト1位・・・便器のフチ裏(72%)

汚れが落ちづらい個所は、見事、便器内に集中していました。形状的に掃除しにくい個所とはいえ、放置していたら汚れがこびりついてしまいます。落ちにくくなる前に、キレイに掃除する方法を知っておきましょう。

 

“洗浄ノズル”など、個所別掃除の仕方

では、日本レストルーム工業会のホームページを参考に、ワースト2位の「洗浄ノズル近辺」も含めた、個所別の正しい掃除の仕方を紹介します。


(1)洗浄ノズル周辺

・洗浄ノズルを伸出させ、やわらかい布に水を含ませてかたく絞り、洗浄ノズル全体を拭く。その後、洗浄ノズルを収納させる。

・汚れがひどい場合には、やわらかい布に薄めた台所用中性洗剤を含ませてかたく絞って拭き、仕上げに水拭きをして洗剤成分を除去する。

さらに拭く際の注意点としては、ノズルの穴を傷つけると、つまりなどの原因になるので、気をつけましょう。また、洗浄ノズルはデリケートな部品なので、無理に引っ張ることもしないように、とのことです。

tagタグ一覧