捨てられないけど…!必要と思いきや「買って大後悔した家具」TOP3

買うまではワクワクしていても、イザお部屋に置いてみて「あれ? ウチには合っていない……」という事態にブチ当たりやすいのが、ズバリ“家具”。存在感のあるアイテムだからこそ、買ってから後悔するのは残念です。『WooRis』が672名の既婚女性に行った調査をもとに、買ってから後悔した人が多い家具のトップ3をお伝えします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

3位:ソファ

「あなたが“買わなければよかった”と後悔したことのある家具を選んでください(複数回答可)」と質問してみると、3位には8.3%の選択率で「ソファ」が選ばれました。

その理由としては、次のような声が寄せられています。

・「体型に合わない」
・「大きすぎた」
・「泊り客用にソファベッドを購入したが、一度も使わず、邪魔になるだけだった」

ソファは部屋の中で大きな割合を占める上に、一度買うとなかなか買い替えにくい家具でもあります。

座り心地やサイズはもちろんですが、家族の生活スタイルに合っていない品を選ぶと、邪魔な存在になってしまうことも。

 

2位:タンス

続いて、同質問に対して8.5%が選び2位になった家具が「タンス」です。

後悔してしまった理由としては、次のようなコメントが寄せられました。

・「大きくて邪魔」
・「重くて移動できない」
・「家に作り付けのクローゼットがあるので、わざわざタンスは要らなかった。置き場所に困っている。クローゼットに比べ、ハンガーを掛けられるスペースが狭すぎる」

タンスはそれなりの大きさになるので、「模様替えをしようとしても、移動できない!」という事態も起こりがち。

また、期待したほどの収納力が感じられなかったという意見もあるのです。

しっかりとサイズを測って購入したとしても、置いてみたら意外と場所をとる……というお嘆きも少なくない家具となりました。

tagタグ一覧