えっ…銀行預金だけなの?物価上昇に負けない「お金」の上手な運用

お金に対して保守的な日本人ですが、意外にも“銀行貯金”こそ家計にダメージをもたらしているということをご存知ですか? 今回は、FPバンク主催『あんふぁん子育て&マネーセミナー』で伺ったファイナンシャルプランナーの宝正隆志さんのお話を参考に、上手なお金のふやし方についてご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

アベノミクスの目指す“物価上昇率2%”とは?

銀行にお金を預けていても今の金利はみなさんご存知の通り、大手都市銀で年0.001%、定期預金でも0.01%、比較的利率のいいネットバンクで0.2%前後など、とにかく利息に期待のできる利率とはいえません。

低金利であることは、「お金を借り入れるとき」にこそ安く借りられるメリットがありますが、「預ける」となるとデメリットが大きく、例えば営業時間外にお金をおろすと手数料だけで利息以上取られてしまうという始末です。

低金利の一方で物価上昇のリスクが

一方で、アベノミクスが目指すのは物価上昇率2%のインフレ。これは簡単に言うと、ある物が10年後には20%アップした値段になっているということです。100円のジュースが120円になっている、ということですね。

実際に、35年前の物価を見てみると、大学の初任給は大卒で7万円、コーヒー1杯167円、私鉄運賃は34円なのに対し、現在は大学の初任給が大卒20万円、コーヒーは433円、私鉄運賃は160円で、およそ2~5倍にも膨れ上がっています。

つまり今もっているお金の価値は、過去の実績やアベノミクスが目指すところからも、数年後、数十年後には目減りしている可能性があり、銀行に預けているとどんどんその価値を下げてしまうということなのです。

インフレ負けしないためには、アベノミクスの物価上昇率2%以上の運用をしていかなければならないことがおわかりになりますね?

tagタグ一覧