小学生のママhitomiに聞く!「ランドセル選び」で重視したことは

もうすぐ入学シーズン。4月から晴れて小学生になるお子さんは、どんなランドセルを背負うのでしょう? また、これからランドセル選びをする方は、先輩ママの意見も気になるところですね。今回は先輩ママ代表として、3児の母でありアーティストやモデルとして活躍するhitomiさんに、“ランドセル選びで重視したこと”についてお話いただきました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

hitomiさんがランドセル選びにこだわった点は?

ランドセル選びは娘さんが年長の秋頃だったというhitomiさん。どこにポイントをおいてランドセルを選んだのでしょうか?

 

「まずは“6年間使うんだぞ”ってところです。
今のランドセルってキラキラするのがついてたり可愛いものが多いんですよね。でも“1年生だったら似合うかもしれないけど、6年生になったときにそれが似合うのか、恥ずかしくないか”ということを考えました。
娘には買う前それだけ伝えたんですけど、まぁわかってなかったですね(笑)。あとは色とデザイン。もちろん丈夫さも。娘の納得の上で決めました。」

目先のことだけでなく、先々のことを考えて判断することは重要です。

『WooRis』では小学生以上の子どもをもつママへ、ランドセル選びに失敗したと思うエピソードを尋ねたところ、実際に

「女の子のランドセルなんですが、ピンクやちょっと派手目の色を選んで失敗したかなと思いました。今まだ使用していますが、学年が上がるにつれて娘が恥ずかしい気持ちにならないか気になります。」(30歳女性)

というような意見も聞かれました。

大人が年相応のファッションを身にまとうように、子どもでも小学1年生と6年生はずいぶんと違いますので、先を見通して選びたいですね。

tagタグ一覧