親はどう介入すべき?「兄弟げんか」が子の思いやりを育てる理由

兄弟げんかは親の悩みの一つではないでしょうか。年齢が近いほど、また男の子同士だとなおさらかもしれませんね。そんなとき、あなたはどのように対処していますか? 今回は親業訓練協会シニアインストラクターの鈴木みどりさんに伺った、“兄弟げんかにおける親の関わり方”についてお伝えします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

親は介入すべきか?

兄弟げんかが起こったら、あなたはどのように対応していますか?

けんか両成敗? 下の子が泣き始めたら、上の子を叱る? それとも無関心を装っていますか?

基本的に、大人が子ども同士のけんかに裁判官のような介入をするのはNGです。子どもは、けんかを通じて人間関係を学んでいます。親がうまい介入の仕方をすれば、子どもは自分の意見をしっかり述べる効果を知り、同時に相手の気持ちを思いやることができるようになります。

まずはじめに、兄弟げんかに親がよくない介入の仕方をした場合のリスクについてお話しましょう。

(1)お互いに不満が残る

例えば、けんか両成敗のような対応をしたとき。子どもたちは、なにか不満があってけんかになっていますので、それを親が勝手に止めに入ってしまうと、どちらかまたはお互いに不満が残る可能性があります。

その不満は心に残りますから、なにかのきっかけで再びけんかが始まってしまうかもしれません。

(2)子どもの依存心が高くなる

兄弟においては、年齢的に下の子のほうが弱い立場ですから、親としては下の子の肩をもってしまうかもしれませんね。でもどちらか一方の肩をもつのはNGです。

おもちゃの取り合いだったら「下の子に譲ってあげなよ」など、(1)同様に上の子に不満を残してしまったり、また下の子は「泣けば親がなんとかしてくれる」などと、親への依存心を高めてしまう恐れがあります。

 

とはいえ、まったく無関心を装うのもよくありません。兄弟そろって、親が自分たちに興味をもっていないと感じさせてしまいます。では、どうしたらいいのでしょうか?

 

親は子ども一人一人へ理解を示す

兄弟げんかの際には、親がお互いの話を聞いてあげるほうがいい結果をもたらしてくれます。

けんかではお互いに感情もたかぶっていますから、親が一人一人の言い分を聞いてあげましょう。そして、「○○が嫌だったのね」「○○が悔しかったんだね」と子どもの気持ちを口に出して示します。そうすることで、子どもはお互いに相手がどんな気持ちなのか本音を知ることができます。

けんかになると、お互いが主張ばかりになってしまいますが、親が二人の目の前でその本音について話すと、相手の気持ちを知りそれについて考えます。

このとき「○○は、嫌だったんだって」ともう一方に話す必要はありません。

聞こえてくる相手の本音を聞いて、親と話すことで冷静になった子どもは、相手について「そう思ってたんだ」と自分なりに考えを巡らせることができます。これが“相手のことを考える”という思いやりに繋がります。

tagタグ一覧