鼻水の状態で判別!「サラッorネバッ」で花粉症と風邪の見分け方

花粉が飛んでいる今の時期、不調の原因が風邪なのか花粉なのか、症状が似ていて判断がつかないことってありませんか? 風邪は万病の元ともいいますし、花粉症ではなく風邪だった場合はいち早く治す必要があります。そこで今回は、“風邪と花粉症の見分け方”と、風邪予防のために体力をつける生活習慣について管理栄養士の筆者がご紹介致します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

風邪と花粉症の見分け方

風邪と花粉症の違いについて、小田原博信会理事長・小田原銀座クリニックの岡村信良医師に伺いました。

「風邪はウイルスがのどや鼻に感染し、痛みや鼻汁、咳などの症状が現れる症候群の一種です。ウイルスが粘膜に感染し炎症を引き起こすことで、のどの痛み、鼻づまり、くしゃみ、発熱、せき、たん等の症状が出ます。いわゆる風邪と言われる症状の原因微生物はウイルスです。

一方、花粉症は植物の花粉が体の粘膜に付着し、そこでアレルギー反応を起こすため、目や鼻のかゆみ、くしゃみ、鼻づまりなどが起きます。

鼻水の違いでどちらか判別

一見似たような症状ですが、花粉症はウイルスが関係していないので、鼻水はサラっとしていて、目や鼻、喉のかゆみを感じることが多くあります。また晴天のときに、つらさが増すようであれば花粉症の可能性が高くなります。

逆に鼻水に粘りがあり、かゆみより痛みがあるときは風邪の可能性がありますとのこと。

似たような症状ですが、ある程度なら自分でも見極めができそうですね。

 

風邪をひくと現れる症状はからだの防御反応

風邪の症状は、体がウイルスに負けないように戦うために起こります。粘膜組織に炎症が起こり、のどの痛み、くしゃみ、鼻水、鼻づまり等の症状が出てきます。

風邪による発熱は、ウイルスの侵入によりからだに異変が起きていることを伝えると同時に、自分でからだを守ろうとする免疫機能の働きが促進されていることを意味しています。また、せきやたんが出ることは、異物を外部に排出しようとしているからです。

・偏った食生活をしている人

・喫煙・飲酒が習慣になっている人

・運動不足の人

・冷え症の人

・ストレスを抱えている人

・砂糖を過剰に摂取している人

・慢性的に疲労が溜まっている人

などは、ウイルスに感染しないための力が弱くなって、風邪をひきやすくなってしまいます。

風邪をひいた時は体が弱っている状態なので、抵抗力も弱くなり2次的に病気になる恐れもあります。