子どもは誰に相談する?「イジメの兆候」を親が見抜くポイントとは

お宅のお子さんはイジメの被害にあっていませんか? ネットや無料メールアプリなどが普及している現代、イジメも多様化していて、親としては「うちの子は大丈夫かしら?」と心配になりますよね。そこで今回は、知人の高校教師に、生徒に実施したイジメに関するアンケートの結果や、早期発見のために気づけるかもしれない兆候を教えてもらいました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

年齢が上がるほど、イジメは表面化しにくい

多くの小学校・中学校・高校では、年に1、2回ほどイジメに関するアンケートを生徒に実施しています。

知人の高校教師が実施したアンケートでは、「イジメにあったら相談する人はいますか? 誰に相談しますか?」という質問に対して、「親」、次いで「教師」という回答が多かったそうです。自分だけではどうしようもなくなると、やはり頼れる大人に相談するのですね。

まだ小学生のうちは、素直に大人に話したり、そもそも隠すのが下手で大人が比較的早い段階で気付くこともできるかもしれません。

高校生から意識が変わることに注意

ですが、高校生くらいになると、アンケートを実施しても「イジメを目撃したけど、面倒なことに関わりたくないから黙っている」「イジメられてもなかなか言い出しづらい」などの理由で、正直に回答しないことも多くなってくるそうです。

実際に、知人の高校教師が実施したアンケートでは、「イジメがある」と正直に回答してくれる生徒は、学年で1人程度しかいないそうです。

この状況でイジメが表面化したときには、事態はかなり深刻化しているということも……。

そうなる前に、親や教師が気づいてあげることが重要です。イジメにあっている子どもに見られがちな兆候を、大人が理解しておくことが大切ですね。

 

イジメの兆候を見抜く為に、朝に親が観察すべきポイント

“相談されてからの対応”も重要ですが、“相談される前”に、家庭でイジメの兆候を見抜く方法があるそうです。「最近なんだか様子がおかしいけど、もしかして……」と気になる方は、朝、次のポイントに気をつけながら、子どもの様子を観察してみましょう。

・元気がない、だるそうにしている
・具合が悪くて学校を休みたいと言う
・食欲がない

当てはまる場合は、イジメの可能性を疑ってみた方がよいかもしれません。

また、イジメられている子は、教室にはいづらくて保健室に行くことが多いそうです。一番最初に気付くのは養護教諭(保健室の先生)というケースもよくあるとのこと。

イジメの可能性があって学校に相談するときには、保健室を頻繁に利用していないかも聞いてみましょう。

tagタグ一覧