もう…間もなく?女性が老化を痛感する年齢は「●才」からと判明

今はまだ元気でも、“老い”はいずれ誰にでも訪れるもの。それは、自分が思うほど遠い将来でもないかもしれません。リサーチ・アンド・ディベロプメントが45〜54才の女性に実施した調査レポート『身体の衰え意識に関するデータ』を参考に、意外と早く訪れる女性の老化現象の実態に迫ります。あなたは今、おいくつでしょうか!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

女性は“45才”を過ぎると老いを痛感!?

まず、女性たちの「身体の衰えにより不便を感じる割合グラフ」を見てみると、45才を超えた年代から急速に様々な老化を感じている女性が多い実態が発覚しました。

具体的に、衰えを感じた項目3つを割合順に並べてみると、以下のようになります。

3位:歩く力・・・約20%

2位:記憶力・・・約30%

1位:視力・・・約55%

これらの“●●力”については、45才を超えたあたりから自身の衰えを痛感している女性が多かったのです。

世に言う“高齢者”になれば必然的に衰えそうにも思える能力ながら、まだまだ現役世代の“45才”から老化を痛感する可能性があるなんて、驚いた読者もいるのではないでしょうか?

 

44才までに痛感する女性は少数派

一方、これらの項目の衰えを「35〜44才で感じた」という人の割合を見てみると、「視力」で25%ほど、「記憶力」「歩く力」はいずれも20%以下でした。

つまり、45才を超えると急激に、身体の衰えを痛感する人が増えているのです。

どうやら、人にとっては衰えを痛感する「45才の壁」がありそうな実情が浮き彫りに。

ちなみに、同調査ではこの結果を次のように分析しています。

<45-54才(アラフィフ)では「視力の衰え」による不便が急増し、半数を超える。

これは老眼始まりによる影響と考えられ、ここでも「こんなはずじゃない自分」を実感していると思われる。>

「まだまだ私は若いはずなのに、こんなハズじゃ……」と、衰えに困惑し始める世代がOVER45才あたりなのかもしれません。

tagタグ一覧