お札をハサミで半分こ!?「金銭教育しなきゃ」と親が焦った仰天エピソード

お子さんに“お小遣い”をあげていますか? アクトインディの『子どものお小遣い事情に関するアンケート調査』によれば、11歳までは「100円以上500円未満」が主流だそうです。ではそもそも、子どもにお小遣いはあげた方が良いのでしょうか? 今回は、お小遣いとお金にまつわる親子のトラブルエピソード”と、理想的なお小遣いのあげ方をお伝えします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

エピソード1:お金の価値がわからずに配っていた…

同調査で「お小遣いに関するトラブルエピソードがあれば教えてください」と自由回答で募ったところ、とんでもない実話が次々と寄せられています。

まずご紹介するのは、12歳の女の子ママの声です。

<お小遣いをあげるようになったきっかけなのですが、次女が小学校で友達に、小銭をくばって、あげていたことがあり、お金の大切さを知ってもらうため、お小遣いをあげはじめました。>

「お金は大切なもの」という教育が抜けてしまうと、お子さんにとって“お金の意味”を知るタイミングがなく、手元にあるお金を“物”として捉えてしまうこともある様子がわかります。

使い方がわからないままにしてしまうと、その価値を知らないがために、こんな展開になってしまうリスクもありますね。

この出来事をきっかけにお小遣いをあげ始めたようですが、もう少し早くお小遣いを渡していたほうが、お金の教育としては適正だったのかもしれません。

 

エピソード2:お金を半分に切ろうとしていた…

続いても、12歳の女の子ママのエピソード。

<夏休みにプールに友達と行くので2人に1000円を渡して「半分こするのよー」と言うと、「ママー半分こにしてー」と1000円札とハサミをくれた長女小学一年の夏>

こちらも、“お金とはなんたるか”を教育しきれていなかったことにより生じたエピソードですね。

日本では、お金の価値や意味の教育が乏しいという指摘もあります。我が子への金銭教育は、親として怠るわけにはいきませんよね。

tagタグ一覧