鍋の季節だけじゃない!「ポン酢」を使った裏ワザ調理テク4つ

「どこの家庭にもある調味料」と言っても過言ではない“ポン酢”、あなたのお宅ではフル活用できていますか? 鍋の季節が終わったら使わずに消費期限を迎える、というのではもったいない! 今回は、フードアナリストの筆者が、知られざる“ポン酢”の意外な活用法を4つご紹介します。あの食材も、ポン酢があればもっと美味しくなるんです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

裏ワザ1:塩辛い食品を漬ける

スーパーマーケットやデパートで買った“イクラ”や“塩辛”などの味付けの塩味が強すぎるて、お口に合わないときには、“ポン酢”の出番。

しょっぱすぎる食品をポン酢に1時間〜半日程度浸しておくと、塩辛さが抜け、まろやかな味になることが多いのです。

もともと、塩分を減らしてコクのある食事をつくりたいときには、お酢を足すと食べやすくなるという調理テクもあります。

お酢には、素材を柔らかくする効果や苦味を消す作用があるので、食品をポン酢に浸すことで、まろやかな味になって食べやすくなるのです。

 

裏ワザ2:脂ののったお刺身に

脂ののったお刺身は、最初のうちこそ美味しいものの、食べているうちに“しつこさ”を感じてきませんか? そんなときにも、ポン酢をお醤油がわりに使うとサッパリといただけるのでオススメです。

脂っぽいお刺身は、茹でてサラダなどに使うご家庭もあるかと思いますが、せっかくの新鮮なお魚なら、お刺身で美味しくいただきたいですよね。

筆者の家では、金目鯛や鯵(アジ)など脂がのったお刺身を食べるときには、醤油だけでなく必ずポン酢もセットで食卓に出します。

tagタグ一覧