チリツモ大事!「食費の節約テク」主婦460人が実践しているTOP3

今よりも出費を抑えたいと思う主婦が、手っ取り早く節約するために見直しやすい家計といえば“食費”ではないでしょうか。毎日のことなので、効果が見えやすい費目ですよね。そこで『WooRis』では既婚女性460名に対し、“実践している食費の節約法”を大調査。世の主婦は、どんな節約努力をしているのでしょうか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

3位:スーパーではまず見切り品からチェックする

挙げればキリがない食費の節約法。「食費の節約のために実践している心がけに当てはまるものをすべて選んでください(複数回答可)」との問いに、5.0%が選び3位になったのは「スーパーではまず見切り品からチェックする」でした。

賞味期限が迫っている食品は、ワゴンなどに入れられてお買い得品になっていることも多いですよね。「今日使う」と決めている食品であれば、見切り品で十分だという方が多いのかもしれません。

とはいえ、安いからと買いすぎてしまうと、賞味期限内に使い切れず結局ムダにしてしまうことも。使い切れる量を買うようにしましょう。

 

2位:炊いたお米が余ったら必ずすぐに冷凍する

6.7%が選び2位になったのは「炊いたお米が余ったら必ずすぐに冷凍する」でした。お米は時間が経過するにつれ味が落ちるので、冷凍保存するなら早いほうがいいですよね。

「後でやろうっと」なんて思っていると、結局そのまま忘れてしまい、「あーあ。捨てるしかないや」などという事態も招きがち。

すぐに冷凍する癖をつけておけば、食べたいときにすぐ食べられるうえに、食品をムダにせず節約できますよね。

ちなみに、冷凍保存する場合には、アルミトレーやアルミホイルを敷くなどして急速に冷凍させるように工夫すると、味を損なわずに美味しいご飯が保存できます。

tagタグ一覧