マスクで口臭がニオったら…「口内フローラの乱れ」12のチェックリスト

あなたは他人のニオイに敏感ですか? 敏感な人ほど「臭いと思われていないか、自分のニオイも気になってしまいますよね。中でも気をつけたいのが“口臭”。会話だけで「クサっ!」と思われていたらショックです。今回は、3月に行われたパナソニック『ジェットウォッシャー』勉強会の内容を参考に、口内の細菌バランスの乱れと口臭チェック方法についてお伝えします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

口内は細菌の宝庫

口の中には、300種類以上・100億個以上の細菌が存在すると言われています。

乳酸菌のような善玉菌、虫歯菌や歯周病菌といった悪玉菌、また免疫力が低下することで悪玉菌になる可能性をもっている日和見菌といった種類があり、この口内の細菌のバランスを“口内フローラ”と呼びます。

口内フローラが整っていれば問題ないのですが、口内フローラが乱れると虫歯や歯周病を引き起こしてしまいます。特に歯周病は歯周病独特の臭いを放ち、また病原菌が血液中に入り込むと口内では収まらず、深刻な病気の引き金になりますので注意が必要です。

 

口内フローラの乱れチェック12項目

口内フローラが乱れないためには、日常的なケアが重要なのですが、まずは口内フローラが乱れていないかチェックしてみましょう。

いくつチェックがつくか数えてみてください!

歯肉から出血がある

マスクをしたときに、自分の口臭が気になる

朝食を抜くことが多い

よく噛まないで食べる

硬いものより、柔らかいものが好き

緑茶や紅茶よりコーヒーが好き

水分をあまり取らない

気がつくと、口があいている

一日中エアコンを使っている

夜更かしをすることがよくある

ストレスを溜め込んでいる

だ液のネバつきが気になる

いかがですか? あなたはいくつ該当したでしょうか。

tagタグ一覧