ワイシャツの順番と向きは?意外と知らない「アイロンかけの基本」3つ

毎日の家事の中で準備も作業も手間がかかるのが“アイロンかけ”。旦那さんのワイシャツや自分のプリーツスカートなど、上手にシワを伸ばすのって意外と難しいですよね。そこで今回はパナソニックのサイトを参考に、衣類別アイロンのかけ方のコツをご紹介します。これを読んだらアイロンかけも楽しくなるかも(?)しれませんよ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

アイロンかけの基本

いつもどのようにアイロンかけをしていますか? なんとなくやっている行動が逆にシワを作ってしまう場合もありますので、ここでアイロンかけの基本をご紹介します。

(1)力を入れすぎるのはNG

シワを伸ばそうと思って力を入れてゴシゴシしてしまうと、衣類がよれたりして逆にシワを作ってしまうことも。シワを伸ばしたい時はすべらせるようにアイロンを動かしましょう。

(2)空いているほうの手も使いながらかける

アイロンをかける前に手で軽くシワを伸ばし、かけているときも空いているほうの手で縫い目を引っ張りながらかけることでシワが伸ばしやすくなるそうです。

(3)低温から高温の順番に

素材の異なった衣類をまとめてアイロンかけする場合、それぞれの衣類に適した温度があります。

アイロンが高温になると冷めにくくなるので、低温に適した衣類から高温に適した衣類へと順番にかけると、効率がよく熱も時間もムダにしません。

 

ワイシャツはかける順番や向きに注意

普段アイロンかけをする機会が多いのがワイシャツ。クリーニングに出した時のように家でもピシッと仕上げられたら嬉しいですよね。そのためのコツをご紹介します。

(1)面積の小さいところから大きいところへ

アイロンはゆっくりすべらせるようにして動かしましょう。次のような順番でかけるとよいそうです。

まずは手のひらで軽く形を整えてからアイロンかけをスタート。
「ソデ・ソデぐち」→「肩」→「右前身ごろ」→「背中(後ろ身ごろ)」→「左前身ごろ」→「エリ」の順番であてます。「エリ」「前立て」「カフス」など、目立つところは念入りにアイロンをかけましょう。

(2)たるみを逃してかけるのがポイント

袖口、えり、ポケットは、一直線にアイロンを動かしてしまうと最後の部分にたるみができやすくなります。

袖口、えりは両端から中央に向ってかけるようにします。そしてポケットも同じようにして両端からかけて中央にたるみをよせて最後に下から上に向かってかけてたるみを逃します。

tagタグ一覧