高齢者は賃貸物件を借りにくい?60歳以上の賃貸派に聞く「後悔した瞬間」TOP3

賃貸のままいくかor一戸建てやマンションを購入するか……これは人生のある瞬間で多くの人が悩む選択肢でしょう。それぞれにメリット・デメリットがあるはずです。今回は、これまでずっと賃貸住宅に住んできた60歳以上の男女42人に、「“若いころやっぱりマンションや家を買っておけば良かった”と今になって後悔する瞬間はありますか?」と率直な本音をズバリ聞いてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

賃貸派は意外に少なく1割!

まずはじめに全国に住む60歳以上の449人に対して、「あなたはこれまでずっと賃貸住宅に住んでいますか?」と質問しました。

その問いに「はい」と答えた人の数は42人。ランダムにチョイスした回答者449人のうち、意外にも9.4%しか賃貸住宅に住み続けていないことが分かりました。

筆者は、なんとなく賃貸派と購入派が大きく二分しているような印象を持っていましたが、なんだかんだ言って合理的に賃貸住宅に住み続ける人は、少数派なのかもしれませんね。

 

“ずっと賃貸派”が後悔した瞬間ワースト3は?

アンケートではさらに、賃貸派の42人に「(家を買わなかったことを)後悔した瞬間は?」と質問してみたところ、「ある」は38.1%の16人、「ない」が61.9%の26人となりました。

では、賃貸派が「後悔した瞬間」とは、どのようなときなのでしょうか?

以下にその回答をまとめてみました。

第3位・・・「新たな引っ越しを希望しても契約がしにくくなったとき」、「人生で“マイホームを手に入れた!”という達成感や満足感がないと感じたとき」、「バリアフリーなど自由にリフォームができないとき」(各2票)

第2位・・・「持ち家ではないため、“社会的な信用度が高くない”という事態に遭ったとき」(3票)

第1位・・・「これから(老後)の家賃を払い続けられるかどうか不安を感じたとき」(6票)

やはり1位には経済的な不安が選ばれていました。仮に100歳まで生きるとして、65歳で定年退職したとすれば、残り35年間、何か副収入が無い限り、年金以外は無収入の人生が待っています。

主な収入がないまま35年も家賃を払い続けられるかどうか、確かに不安になりますよね……。

2位には社会的な信用、3位には達成感や満足感など、自分や他人からの心証や気持ちに関する回答が得られました。

tagタグ一覧