憧れる~!世の女性に聞いた「理想の夫婦像」5パターン

隣の芝生は青く見えるもの。とはいえ、憧れる夫婦像や参考にしたい夫婦の形ってありますよね。『WooRis』では20〜50代の既婚女性427名を対象に、「あんな夫婦いいな」と感じたことがあるかを調査。「ある」と答えた169名にその“憧れるポイント”を伺いました。
あなたにも憧れる夫婦はいますか? それとも憧れられる立場でしょうか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:いつまでも仲良し夫婦

・「お年寄りで、手をつないで歩いていたご夫婦をみて仲が良くて素敵だなあと思いました」(40代女性)
・「何年たっても奥さんに“かわいいね”とか愛情表現をしてる」(50代女性)

ダントツで憧れの的に輝いたのは“いつまでたっても仲良し夫婦”。

年齢関係なく手をつないだりニコニコ笑い合っている姿は、誰から見ても幸せ夫婦ですよね。

そのような関係性は、長年築いてきた信頼や思いやりがあってこそ。見習いたいものですね!

 

2:お互い尊敬しあえる夫婦

・「人前でも手放しで奥さんのことを尊敬している旨の発言ができる」(30代女性)
・「お互いに尊敬しあって、お互いに尊重しあって、他所の人の事も大事にするけど一番にお互いや家庭に目を向けている夫婦」(40代女性)

人間として尊敬できる部分をもっている人は魅力的です。そしてそれを認めているパートナーがいるというのは、その人自身の自尊心にも繋がり、またそんなパートナーを大事にしようという気持ちを芽生えさせてくれるのかもしれません。

尊敬しあえる関係は、ほかの夫婦から見て憧れの的なのです。

tagタグ一覧