お風呂だけで40%を使用!FPが伝授「水道代の節約」黄金テク3つ

GWのお出かけで思いのほかお金を使ってしまい、節約せねばと頭を抱えている方もいるのではないでしょうか。ならば、少しの工夫で効果が出やすい水道代から節約してみませんか?
今回はファイナンシャルプランナーの筆者が、東京都水道局のHPを参考に、家の中で水をたくさん使っていることトップ3とそれぞれの節約法をお伝えします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1ヶ月の平均使用料金は約五千円、年間で約六万円

あなたは月々の水道料金がいくらかかっているか、把握していますか?

使用水量は、世帯人員により比例的に増えるもの。東京都水道局の「平成24年度生活用水等実態調査」によると、家族3人の場合1ヶ月あたりの平均使用水量は20.8㎥です。

1リットルあたりの単価を0.24円とすると(下水道料金及び消費税を含む)1ヶ月の平均使用料金は4,992円で、年間にすると59,904円にもなります。

水はタダ、または安価なものという感覚で使用していた方も、水に対してコスト意識をもっていただけたのではないでしょうか?

今回は、まず1年間の節約目標を“水道代約1ヶ月分の5,000円”にしてみます。節水方法によっては簡単に目標達成ができて、今日から早速試してみたくなりますよ!

 

家の中で最も水を使うのは何をしているとき?

では、家の中で最も水を使用するシチュエーションは、どんなときだと思いますか?

東京都水道局のHPでは、以下のランキングが発表されています。家の中での水の使用全てを100%として、どこにどれくらい使っているかの割合を%で表しています。

5位 洗面・その他(6%)

4位 洗濯(15%)

3位 炊事(17%)

2位 トイレ(22%)

1位 風呂(40%)

お風呂だけで40%と半分近くの水を使用しているので、お風呂の節水がうまくいけば目標をクリアできそうですね。そして炊事を抜いて2位だったのは、意外にもトイレでした。

では、炊事・トイレ・お風呂の順に上位3つの節水方法をご紹介しましょう。

tagタグ一覧